来年も張り切って由貴ちゃんペロペロ

※お食事中のみなさまは食べ終えてから読んでいただくことをお勧めいたします。特にカレーはキケン!

昨日、ヲタ友とお酒を飲んできた。みんな属性は全然違う。

KSDDから単推しに至るまで。ドルヲタとしては同じ入口だったはずなのに、面白いなあと思う。

出会って2年くらいになる4人だけど、一緒に飲んでて楽しいのは、こんなところだ。

俺「あー。今年もクソみたいな一年だったなー」
一同「だよねーw」

当たり前なんだけど、おっさんのヲタ活なんてさ、クソ活なんですよ(笑)。

今年を振り返ると、その自覚を忘れてしまっていることが多い1年だった。

夏から秋にかけての「メロンジュース騒動」とかマジで下痢クソ。

推しの選抜落ちが辛いとかwww
なんかね、クソの風上にもおけないw
自分の無力さが切ないとかwww
だってクソだもんw

クソには、クソらしい生き方も、クソにふさわしい居場所もある。そこを弁えられないとクソですらいられない。

クソで居続けたいなあ。

これが、俺の来年の目標(笑)。

いいじゃん、おっさんだろうが、子持ちだろうが、既婚者だろうが、恋する権利はあるんだよ。

相手が15歳のアイドルであってもw

来年も、誰もに呆れられるくらいに、下野由貴に恋してるクソでありたいと思います。

新ジャンル:KS単推し

それでは、みなさま、良いお年を。

The post 来年も張り切って由貴ちゃんペロペロ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

1ヶ月の3分の2が公演♥

俺は非常にモノグサな生き物であるが故にこんなことになっている。メールの未読件数が4706(笑)
いくら敬虔なシモニストだからって47に拘るとかどうかしてる

そんな俺のメールアドレスに送られてきたこんな表。page-003月別の劇場公演出演回数をまとめてくださっていて、12月度は下野さんが19回でトップ♪

さらに今日、純情主義のバックダンサーきたああああああああ(号泣)
手をつなぎながらもきたあああ

閑話休題。出演回数トップの件ね。
意地の悪い人は、きっと、「なつが忙しくて出演回数が少ないからだろw」というだろうし、実際、その要素がゼロだとは思いませんが、大事なことは、そういうポジションに今しなもんがいるということ。

松岡菜摘がいなくても下野由貴がいる

これってめちゃくちゃおいしい状況だと思うし、実際、そういう機会を確実に活かせているからこそ、初日の掛け声5日連続なんていうオマケまでついてきたわけで。イイ存在感を出せているからなんだと思います。

下野さんは、松岡さんの誕生日に、ぐぐたすで「なつはなんでもできる」的な発言をしていますが、下野さんも割となんでもできるタイプ。かわいい曲からカッコイイ曲までなんでもこなせるし、回しもガヤもできる。松岡さんと下野さんのオールラウンダーなところはすごく似てる。唯一、下野さんにできなくて、松岡さんにできることって、釣りくらいなんじゃないっすか、実際。

あ、あくまで、公演の中での話ね。水着勝負は分が悪すぎる(笑)。

とにかく、下野さんは今、おいしい状態にいることだけは間違いないっ!

この状況を下野さんが楽しんで、なおかつ、利用してくれると嬉しいなあと思います♥

うん、素直にね、嬉しいんすよ、この状況。うまく言葉にできないけど!

The post 1ヶ月の3分の2が公演♥ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

未来は下野の手の中(ちょっとした懺悔)

4月6日。たぶん、ここ数年で、いちばん、くそムカついた日。でも忘れちゃいけない日。

何があったかを語る前の前提として、その3日前にあった下野さんの生誕祭について触れておく。

2013年4月3日 下野由貴生誕祭
俺の主観で言えば、今年の下野さんの生誕祭を3行でまとめるとこんな生誕祭だったと思う。

この一年:いろんなキャラへの挑戦
次の一年:バラエティ班としての飛躍を期待
要するに:キャラ迷走中の否定

その思いが、メンバーの思いだけでなく、ファンの思いでもあることは、アンコールの口上を参照のこと。

もう一回書きますね。キャラ迷走中じゃなくてキャラ挑戦中。

ファンもメンバーも同じような目線で見ているという一体感がすごく感動的だった。そんな生誕祭を劇場で見られることができて(それも1巡w)、すごく幸せな気分に包まれて東京に帰ってきた。

そして、問題の4月6日。下野さんとの握手を楽しんだあと、俺は指原さんと最後の握手をした。「推し変クソ野郎」というステキな戒名をいただいたり、衝撃的なカミングアウトがあったり。

ひとことでいえばなんだか
へこみるきー
な気分になったので、ヲタ友とご飯を食べに行った。ここまでは、なんだかんだですごく楽しかった。

問題はここから。どういう話の流れでこの話になったか覚えていないけど、ある指ヲタさん(某鍵付きブロガーさん)がこんな握手レポを書いていると、友達が教えてくれた。

指原「百貨店の心残りは、しなもんにキャラをつけてあげられなかったこと」

いやあ、タバコがすすむすすむ。ムカつきすぎちゃって、口からだけじゃなく、鼻の穴両方にもタバコぶっさしたくらいムカついた。

だって、3日前の生誕祭の感動ぶち壊し(笑)。温度差すげー。博多で見てきた生誕祭はいったいなんだったのか。DMM配信の最後で下野さんが流した涙はなんだったのか。本人の努力や苦悩をまったく顧みていない気がしたの。「キャラを~」って話をヲタにするとかね。なんかすげー悔しかった。握手会の話のネタにされるほど、下野さんの人生は軽くないだろうってホンキで憤った。

スッキリしないので、そんな話を聞いたということを、仲間内のプライベートなBBSでぶちまけた。まあ、これが今思えば余計だったのかも知れない。

知り合いの指ヲタさんに、「そう言われるのは当然」と言われた。カチンときたので、「んなこというなら、お前、生誕祭のDMM見たのかよ」と突っ込んだ。案の定、見てないらしい。だから俺は呆れて、「偉そうなこというならDMM見てから言えよ」と煽る。すると、「見る必要ない。見てほしかったら生誕祭で何があったかお前がまとめろ」とか言われる。

ここから先は酷い罵詈雑言の応酬。

引く気にはなれなかった。日頃、HKTはこうあるべきだなんてことを平気で発信している人だからこそ、腹が立った。同時に俺は絶望していた。この人ですらDMM配信を見ていないんだな、と。見ないで、あれこれ語っているんだよなって。賢い人は羨ましいよね、見えてないものが見えてるっていうんだからさ!

きっと、世の中の多くの人たちは、生誕祭での内容なんて知る由もないまま、相変わらず「キャラ迷走中」と言い続けるんだろうな。生誕祭のDMM配信の最後に流した下野さんの涙の意味なんて、下野推しにしか伝わってねーんだろうな。まあ、それならそれで、仕方ねーか。

そんな4月6日から、8ヶ月以上がが過ぎた。なんで、今、この話を持ちだしたのか。

今、我が家は、またしても、夫婦喧嘩の真っ最中。原因は昨日のおやつ。嫁が買ってきた苺大福を一口で食ってしまったうえに、「なんか皮がかてーな」と呟いたら嫁はブチ切れた。

なんでも銀座で毎日50個限定。おひとつ350円もする苺大福らしい。まあ、言われてみたら、イチゴの風味はよかったかも知れないけど、わざわざ、多摩地方から銀座くんだりまで出かけて並んで買う価値観がそもそもよくわからないけど、嫁にしてみれば、がんばって買ってきたのに、なんだその態度は、という怒りなんでしょうね。

嫁はこの大福すごいのよ!と伝えたいんだろう。
きっと大福を作る人はきっと精魂込めて作ってくださっているのだろう。
きっと大福に人格があるのなら、1日50個限定だというプライドもおありだろう。

でも、残念ながら俺の心には響かないんだな、これが。

!!

ああ、なんか、わかったような気がする。

「わかりあえやしないってことだけをわかりあうのさ」

このフレーズはフリッパーズ・ギター「全ての言葉はさよなら」からの引用。YouTubeにオリジナルがないからカバー版を。

そう、わかりあえるわけがないのだ。ヲタなんていう生き物は、個人主義の固まりのような生き物だ。たいてい自分のことしか考えていない。自分さえ楽しければそれでいいという発想がそこにある。「そんなことないぞ、俺は●●ちゃんのために」とおっしゃる方もいらっしゃるだろうが、多くの場合は、自己陶酔だと思う。

だって俺がそうだから(笑)

もうこんな前提を語っている時点で、おそらく、誰ともわかりあえてなんかいないんだろう。

でも、ヲタ同士が分かり合えないなんていうのは大した不幸ではない。大好きな推しメンと分かり合えないなんて思うと、軽く絶望したくなるんだけど、実際、分かり合えるわけなんかがない(笑)。分かり合えるなんていう夢を見ていいとしたら、きっと同世代の女の子くらいで、おっさんが分かり合えるなんて夢みているんだとしたら、ちょっと、いろいろ病院で診てもらったほうがいいと思う。

アイドルってさ、所詮、自分の中に存在するただの偶像。だって、そうじゃん。きっと、同じ下野さん推しが10人集まってさ、各々の心の中にある下野由貴っていう偶像を「せーの!」で取り出したら、きっと、すげー楽しいんだろうなって思う。きっと、形も材質も何もかも違う像が勢揃いしていて、どの偶像も、決して、下野由貴ではないはずだ。似てるだけ。完全にマッチングなんてしないはずだ。

誰とも分かり合えないっていうのは、不幸なトーンのフレーズかも知れないけど、本来、人と人のコミュニケーションというのは、自分と他者は違う存在であるから成立するものだろう。だって、自分と他人が同じだったら、何も、コミュニケーションを取る必要なんかない。自分の殻に閉じこもっていればいいだけ。

それどころか、分かり合えるっていう思い込みは、非常に不幸なのだ。4月6日の俺のように。気の許せる間だからこそ、自分の意見を押し付けようとしたら、意外と跳ね返ってきた。なんでこの人はわからないんだろうというところから苛立ちがはじまり、相手の意見など聞こうともしない。完全にドアを閉じて、自分の世界にひきこもった。きっと、我が家に夫婦喧嘩が絶えないのも、「わかりあえている良い夫婦♥」などという勘違いに甘えているだけ。

何度か、俺、やらかしているけど、下野さんに対して「こうしたほうがいい」などという意見を抱くことって、ある意味、「俺は彼女のことを理解している」などと勘違いをして、自分の中にしか存在しない下野由貴という偶像を眺めながら、言葉を吐き出しているに過ぎない。彼女の本質なんか、まるで見てやいない。

んだと思う。

ここまで、勘違いに塗り固められていることがハッキリした今、最後に1つだけ勘違いを書いて締めくくりたい。きっと、アイドルだって、ヲタの本音なんか、わかるわけがないに決っている(笑)。だから、どんな些細なことでもガンガン発信してほしいなあとか。うん、これ以上は書かない。昨日、結構書いたから

まあ、だからこそ、俺は、思うんだよね。

未来は下野の手の中

「未来は僕らの手の中」だなんてとんだ勘違いだ。下野推しとしての未来は、下野さんに委ねるしかないのだ。委ねられないなら、推し変するか、下野さんを通して未来を見ないか。だったら委ねちゃったほうがラク♪

来年はそういうスタンスでヲタ活をしたいという決意表明だったり、今年のヲタ活でやらかした反省だったり。そんなことを今日は綴ってみましたが、俺は4月6日のことを忘れちゃいけないんだろうね。

反面教師として!

The post 未来は下野の手の中(ちょっとした懺悔) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

次回予告:年末だから暴露大会(12月28日 博多レジェンド公演視聴メモ)

ちょっとまた余計なことを書いてみる(笑)。

自己紹介MCで下野さんが語っていた「裏方業務が増えてきた」件。

メンバーから写真を撮るのをお願いされる機会が多くて、特に村重さんに至っては、50枚も撮らせたり、下野さんがご飯を食べてる時ですら、写真を撮るのをお願いしてくるそうで。だから来年はもう少し優しくしてほしい…。

まあ、下野さんがそう思っているなら、そう思っているで、俺がとやかく言うことではないんだけど、俺は、もったいないなあと素直に思いました。

どうせなら、この状況を利用すればいいのに

少なくとも、写真を撮りまくるという行為を繰り返していれば、写真を撮るスキルがあがるわけだし、当然、そうなれば、自撮りにもフィードバックできる面も多いだろうし(構図や表情の作り方etc)、ある意味、それってチャンスなんじゃないのかなあと思うんです。

もう一歩踏み込めば、こういうことだってやっていいんじゃないのかな。本当は自分が撮った写真を、メンバーがアップロードしたら、コメント欄で「これ私が撮った!」とかコメしまくるとかね(笑)。

やったことをやったと宣言することは何も悪いことじゃないと思うんです。
だって、やったんだから。

まあ、下野さんがそういうアピールを苦手とするのか、好まないかは知りませんが、これって、26日の天国MCにも言えることだと思うんです。

いつも天国MCのお題を考えているのは下野さんだという事実より、村重さんが非協力的だという事実のほうが強調されていたように感じます。もちろん、話として面白い構成だと思います。ああ言う話し方が、あの状況では最善でしょうね。

でも、公演を見ている人たち(DMMを含む)の心には、下野さんが天国野郎のMCのお題を主体的に考えているという事実は、そんなに残っていないんじゃないかなあ。少なくとも、俺が目にする範囲では、この件、一切、話題になっていません。

せっかくがんばっているのにもったいない

これって、畳み掛けるように言ってしまえば、じゃんけんと同じなんですよ。せっかくがんばっているのに、なんか報われていない感。参加者がどうも伸び悩んでしまっている現状そのものがこれ。

なんでこうなるんだろう?たまーに本気で悔しくなります。
自分のことでもないのに悔しくなるとか、結局、「俺こんなにしなもんを想ってる」なんていう自分に酔ってるだけなんだろうけど、いや、実際酔ってるってことでいいですよ。そんな前提条件なんかどうでもいい。悔しいもんは悔しいんすよ。

あまり、この話を続けてしまうと、暴露話の2つや3つを投下しないと収集がつかなかったりもするんですが、それは明日のネタとして残しておきましょう。

たまにはドSモード発動(笑)

あ、いちおう、言っておきますが、暴露話っつっても、4月に起きたヲタ同士の抗争の議事録です。
(登場人物:S原さん、S原さん推し×2、俺)
メンバーあまり関係ないんですけど、どうしても、この話は、年内に書いておきたい!!
忘れたいけど、忘れちゃいけないすげー悔しい話。

Don’t miss it.

っていうしかない状況を作っておいてなんだけど、できればむしろ見逃してください(呆)。

The post 次回予告:年末だから暴露大会(12月28日 博多レジェンド公演視聴メモ) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

あまえんぼうのさんじゅうろくさい(あわてんぼうのサンタクロース的な)

最近、しなもんのじゃんけんにリアルタイムで参加できていない。

なので、当然、いわゆる「あとだし」をすることになる。「ぽん」の結果を見る前に「あとだし」してるんだから、何もズルなんかしてないんだけど、やっぱり、「あとだし」は「あとだし」。

勝ってもズルしてる気にしかならない(笑)

さて、なんでリアルタイムで参加できなくなったのかというと、別に飽きたわけじゃないっすよ。

娘がいつも寝るのが21〜22時。まあ、寝かしつけるために俺もふとんに行くわけですよ。

まあ、あとはわかるな(笑)

冬のふとんの誘惑は異常…。でもしなもんのじゃんけ……zzz

そして目が覚めたときの絶望感といったらもうね、夢精したときの絶望感になんか似てる。

やっちまった…。

別にそんな悪いことでもないとは思うんすよ。寝落ちも夢精も。ただの生理現象みたいなもの。

でも、悪いと思い込んでしまうのは、きっと、自意識なんでしょうな。自意識過剰(笑)。

なんか、いいとしこいたおっさんが、こんな中学生みたいな気分になれるのも。

下野さんじゃんけんのいいところなのかなww

なんか、うすうす気づいてたけど、下野型ウイルスに感染して、どんな症状が起きるのかというと。

ただの中2病(笑)

下野さんは中3。俺は精神的に中2。

下野せんぱああああああああああああああああああああい!!!!

そうなんだよね。俺、なんだかんだで、下野さんに甘えてるんだと思う。

あ、なんか、いい妄想のネタができたところで二度寝しますwおやすみww

The post あまえんぼうのさんじゅうろくさい(あわてんぼうのサンタクロース的な) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

俺が今年中になんとかしたいこと

内容のクオリティはともかく
なんだかんだで、今日で、ブログを65日連続投稿してます。まあ、とんでもない記事ばかりですけどね(苦笑)。

ただ、続けていれば、いいこともあります。他のメンバーを推しているような方からコメントをいただけたりするとやっぱり嬉しいですし(当然、同じ下野さん推しからもらっても嬉しいですが)、あとは、アクセス数が一定量ある(=斜め読み、そっ閉じも含めて見ていただく機会が多い)という現状は、大変、ありがたいなあと思います。

参考程度に、うちのブログのアクセス数を少し晒してみます。Google Analyticsでデータをとりはじめたのは10/30からなので、10/30~12/25までのページビューの遷移です。blogはじめのうちは、1日に200~300程度のPVでしたが、12月になって、「HKT48アンテナ」に登録されてからは、1000PV/日とか…(白目)。アフィリエイトとかに手を染めれば、毎月、握手券1枚分くらいの収益が出そうな気もしますが、推し事で金儲けなんてしないもん(笑)。

こんな具合に、非常にありがたい状況なのにも関わらず…
いくら野推しだからってネタはさすがにどうなの?
っていうお叱りを受けても文句言えないくらいに、ここ一週間は下ネタ大量投下(震え声)。

どうせなら、下ネタじゃなくて下野ネタを書けよっていう話なんですけど、結局、俺はとんでもない快楽主義者なので
自分さえ気持ちよければなんでもいい
なんで嫁は俺なんかと結婚したんでしょうね。俺だったらこんなひとりよがりな男とは結婚しません。

まあ、俺に、的確な目線と、正確な表現があれば、下野さんのいいところをいっぱい書いて、それこそ、下野さんのファンが増えるキッカケの1つも作れるのかも知れませんが、残念ながら、その力量は俺にはないので、来年も、この調子で、ただの愉快な下野推し(自分で言うと恥ずかしくて死にたくなる)の日常をただただ綴っていこうかなあと思っています。

まあ、何度か書いた気もするんだけど、俺が発信したいことは、下野さんの魅力ではなくて、「下野さんを推すと楽しいよ!」っていう本当にただのヲタ目線でしかないんです。ぶっちゃけ、ヤキモキすることも、ゼロじゃないんだけど、そういうヤキモキ感もコミコミで、圧倒的に楽しいんです。

このブログに、下野さんの情報を求めてアクセスしてくださっている方には大変申し訳無いんだけど、そういうのは、他の下野さん推しが綴っているブログを参考にしてください(苦笑)。

って、タイトルと全然違う話しかしてないぞ(笑)。やり残したことのお話を最後に。

いろんな方々に記事を読んでいただいて、決して、数は多くないものの、コメントを残していただいたり、Google+の「+1」ボタンを押していただいていたりして、本当にありがたいと感謝しております。

そこで、ふと思ったのが、今年、書いた記事の中で、いちばん、+1された記事ってなんだろうって。なので、全部の記事を読み返して、+1された数を数えたんすよ。まあ、言ってしまえば、このブログでいちばん反響のあった、今年のベスト記事はその記事だろうって。

では、発表します。今年、うちのブログで、いちばん、反響のあった記事は…
ドドドドドドドドドド…(ドラムロール)
デン!!

精一杯述べたいさっしーへのお礼

ってなんで下野推しのブログなのに、指原の記事にいちばん反響があるんだよ!!

の、の、残り今年もあと4日でしたっけ。

なんとか、下野さんに関する記事で、記録塗り替えて年を越したいと思います(涙目)

The post 俺が今年中になんとかしたいこと appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

夢から覚めた現実

路線バスに乗っていた。
進行方向に向かって右側の二人がけの席。
俺は窓側に座っていた。
となりには下野さん。

緊張して黙りこくっていた。
前の席にいる若田部さんがこっちを向いて下野さんと話しはじめた。

なんで俺はいつも好きな子の前ではうまく話せないんだろう。そんな自分に腹が立った。

若ちゃんがスマホを操作しはじめた。
俺はそのスキに、思い切って下野さん手を握った。

怒られるかなあと思ったけど、下野さんは表情ひとつ変えずに黙ったまま、赤いチェックのマフラーを、繋いだ手を隠すように覆った。

スマホの操作を終えた若ちゃんがこっちを向いたけど、別に何事もなかったように下野さんと若田部さんがずっと話しはじめて、俺はずっと話を聞いていた。

左手に下野さんのぬくもりを感じながら…。

——–夢ここまで——–

目が覚めた。

左手が夢の続きかのように暖かいことに気づく。何かを握っていた。

何を握っているのか確かめた。

当然

愚息のトニーニョorz

なんだか残念な朝を迎えていたら、下野さんがぐぐたすで朝投稿。

下野由貴 2013/12/27 9:13:58

おはよー\(^^)/
昨日、めっちゃ大きい飴玉なめたから。
、、、あごが筋肉痛になりました←
(以下省略)

【業務連絡】今日から愚息の名前はあめ玉です。

The post 夢から覚めた現実 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

下野家への憧れ(12/26 博多レジェンドDMM視聴メモ)

今日の自己紹介MCでの下野さんの発言は、定番化してきた下野家のお話

まあ、人によってはネタの使いまわしじゃねえかとか思う人もいるかも知れませんが、ちゃんと少しずつ話は膨らんでいます。決して、使い回しではないと俺は断言します。

厳密に記録はとっていないのであいまいな記憶をベースに語ります。

最初はお父さんがまどかに釣られた話が主で、それが、秋頃から、家族全体が下野さん以外のメンバーを推しているという話になり、お姉さんがあおいたんに認知狙いでプリクラを添付してファンレターを送った話や、お母さんが穴井さんの話しかしないというエピソードも出るようになって、同じネタなんだけど、ちょっとずつ話が膨らんでいるのは、いいことなんじゃないかなー。

下野家の愉快な仲間たちの近況報告感が俺は好きです。

今日のMCでの新しいお話は、お母さんが、最近、冨吉さんが気になっていて(ここまで既出)、最近、ぐぐたすも毎日チェックして、握手券を買おうと悩んでいると(笑)。なんか、下野家のみなさまって、典型的なドルヲタファミリーですよね。なんかすごく親近感が湧きます。

というか、この話を聞くたびに思うけど、下野さんってなんだかんだで、すごく幸せ者だと思うんです。自分のやっている仕事に、家族がめちゃくちゃ興味と理解を示しているってことじゃないですか。それで、お父さんもお母さんも、お姉さんも、みんなが楽しんでいらっしゃるじゃないですか。

本当に冷たい家庭だったら、本当に下野さんに興味がない家庭だったら、こんなエピソードはきっと生まれてこないわけで。

自分を応援してくれないと下野さんはぼやきますが、きっと、下野さん自身も、家族の思いをなんとなく気づいているから、安心してネタにできているのかなあと俺は思います。

きっと、そこには、強い強い強い絆があるから。

だからこそ、下野さんも、みんなに甘いしなもんでいられるんだろうなあ。

お義父さん、お義母さん、お義姉さんあってこそのしなもん。

もうね、是非、下野家に養子に入りたいっ!
マスオさんポジ上等!

なんていういつものくだらない冗談はさておき。

俺も、妻子ある一家の主として、下野家みたいな暖かい家庭を築きたいなあ。本気で憧れます。

そして、思い出したのが、この握手レポ

やっぱりしなもんがさ、優しさに包まれて育ってきた証拠だよね、うん。

The post 下野家への憧れ(12/26 博多レジェンドDMM視聴メモ) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

植木さんによる下野さんのスカートめくりでバレた俺のウソ

12/22のレジェンド視聴メモで、「ボーイフレンドの作り方」の曲中で、植木さんが下野さんのスカートをめくろうとして、俺がボンバーもやっとした、という話に触れました。せっかくだから、もう1回、gif貼っときますか。ptところがこれ…実は、すげー今更な話で…
結構前からやってんすね!

ぶっちゃけ、めくりはイマイチだけどくっそ身悶えるのは、12月8日のレジェンド(昼)。1208俺も下野さんのスカートめくろうとして頭叩かれたい!
その結果出禁になるなら本望だ(笑)

で、これを見落としてるくらいなら、まだ、かわいいもの。そう、俺が、最後にナマで見たレジェンドは、10月13日のレジェンド(遠方枠限定公演)。そのレジェンドを見たレポに俺、こんなこと書いてんすよ。

目線はほとんどずっとしなもんを追いかけ続けていた。今までよりずっとまっすぐ見ていた。

嘘つきは俺のはじまりvlcsnap-2013-12-26-10h18m40s136Oh,my god…

こうなると、証明されてしまうわけですよね…

貴様、この瞬間、誰かに浮気してただろ
このウソつきクソ野郎が!!

あー、どうせ、ウソつきですよ!!
遠方枠限定のときの自己紹介MCで、はるっぴが「今日、はじめてきた人~?」って聞いたときに、全力で「は~い!!」とか手を挙げたのは、ここの俺だ!(実は4回目)
その公演中下野さんと目がバッチリあったのはその瞬間だとか黒歴史すぎて泣ける

いつも由貴ちゃん愛してる♥とか単推し感丸出しのイタイ投稿ばっかしてますけど、まあ、かなり怪しいもんですよね、まったく。

でも、あえて、巻き添えにしますが、このブログを読んでくれてる下野推しのみなさんも同罪っすよ。

あの記事見て呑気にプラス1とかしてんじゃねえよ(逆ギレ)コメント欄とかで「前からやってますよ」とか書いてない時点で同罪だっ!(開き直り)

まぁ…こんな具合にですな…公演を見て、意外と、気づいてないことや、見落としていることって、結構、あるんじゃないのかなあ。いくら、真剣に、推しのことを追いかけているつもりでも。

今年も、下野さんが出演する公演は、今日も含めて残り2回。ちゃーんと活目して、彼女の一挙手一投足を見落とさずに見守りたいという備忘。

それでも見落とすんだろうけど(笑)。

The post 植木さんによる下野さんのスカートめくりでバレた俺のウソ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

年賀状厄介

下野さん宛の年賀状、やっと作り終えました。

無駄に3通も

また、こりもせず、Tシャツのように、自分でいろいろ考えて作ってみたんですけどね。

アイドルに年賀状送るなんて人生初体験(´・ω・`)

ていうか、家の年賀状は全部嫁任せなので

かれこれ17年ぶりに自分で年賀状書いた(笑)

しかもさ、その宛先は、15歳のアイドルとかさ、冷静に考えたら

バカじゃないの俺

まあ、バカだよね、ここ数日の投稿見てたら、小学生でもわかるよね。奈子ちゃんが見ても、「コイツはバカだ」って思うんだろうな、きっと。

ああ、蛇足ですけどね、昨日、うちの娘、終業式だったんですよ。

読書感想文のコンクールで、学年代表で賞状とかもらってきてんの。

父親はブログで、
由貴ちゃん愛してるだの
性器にトニーニョって名づけてるだの
クリスマスにまさかク●トリス連呼だの
まー、しょうもないことばっかり、べらべらと。

それに対して、娘は、全校生徒の前で、1年生代表で表彰状。そういえば、秋の遠足の作文もクラス全員の前で読まれたとかなんとか言ってたな。我が娘ながら、超優秀すぎる。将来は、直木賞でもとってもらって、娘のカネでアイドルの握手会に行こう。そうしよう。

なんて、アホなことまた書いてますけど、ぶっちゃけ。

娘にも、下野さんにも申し訳ないなあと思う今日このごろです…。

明日は、ちゃんと真面目な記事書こうっと…。

The post 年賀状厄介 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.