照れ隠し乙

昨日の公演がツインテール祭りだというのは昨晩書いたとおり。昨日の公演で、もう1つ記録しておきたいのは、ハロウィン前日ということで、ちょっとしたサプライズがあったようで、公演を見に来たお客さんの中から抽選で3名の方に、ロッテのお菓子の詰め合わせと、指定したメンバーの直筆サインがもらえるというもの。

俺は…ええと、この瞬間、嫁に米を買いに行けと命じられ、自転車を漕いでました(笑)。前半MCまでは、DMMの生配信を見ていたんだけど。で、家に帰ってきたら、こんなことがあったと知り、なおかつ、最初に当選された方は、しなもんのサインを指定したそうじゃないっすか!!!!

うらやましくてうらやましくて、また、残り少ない髪の毛がごっそり抜ける思いで、全力「ぐぬぬ」。俺なんて、俺なんて、サインの類なんて、オークションで騙されて買った指原の偽サインしか持ってねーんだぞ(笑)。

でも、ひと通り、うらやましい気分を味わったら、素直に嬉しいなあと思いました。指名されて「珍しい」とか自分で言って、なつにつっこまれてましたが、これは下野さんの照れ隠し乙な一面で(笑)。そりゃあ、下野さんも指名されて嬉しかったんだと思いますよ。

その根拠は!!

dmm

 

手前から二人目が下野さんですが、しきりに、自分を人差し指でツンツンしています。これは、お菓子の他にサイン色紙も貰えて、メンバー1人を指名できるとはるっぴが説明している最中の出来事。自分を指名してくれないかなあというアピール?

そして、実際に、自分が指名されたら「珍しい」とか言っちゃう下野さん。めちゃくちゃかわいくないですか?(笑)。いじわるなんて書いちゃいますけど、本当は嬉しいくせに~。

そして、指名されて、センターポジで「珍しい」とか言いつつも、お礼を述べ、自分の立ち位置に戻るときの表情がまた嬉しそうじゃないっすかwちょっと見づらいですけどね。DMMさん、Full HDの配信まだあw

dmm2

UTBなんかでも自分に自信がないようなことをほのめかしているし、昨日のツインテール関係の話も、本質的には、下野さんが、自分に自信を持てないから「恥ずかしい」と思ったんじゃないかと思っていますが…。

今回こうやってご指名をいただいた、そんな小さなキッカケの1つ1つが、彼女の自信につながればいいなあ。

しなもんに何より必要なのは、キャラだの影だのオーラじゃありません。自信だと思うんです。もっと自惚れていいと思います。それは、UTBで指原さんも暗にそう言ってますよね?そして、実際、少しづつ、自分に自信をつけてきているのはここ1ヶ月くらいの天国MCを見ていて強く感じます。もっともっともっと自惚れて欲しいなあ…

その自惚れが一定量に達したとき、おそらく、キャラだの影だのオーラなんてものは、勝手についてくるんじゃないですかね?

俺はそう信じて、この言葉をしなもんに捧げたいと思います。

自分のやった事にうぬぼれられない人なんて嫌いよ。

とか言いつつ、今の下野さんも大好きなんですけどね(笑)。でも、もっともっともっともっともっともっともっともっともっとうぬぼれて、自信満々な下野さんを見てみたいです。

それが、下野さんを応援する楽しみのひとつであることは否定しません。

The post 照れ隠し乙 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

乙女の恥じらいにドーパミン

今日の博多レジェンド公演は、ツインテール祭り。出演メンバー16人中11人がツインテール。しなもんもハイポジなツインテール姿を見せてくれました。

正直に言いますけど、俺は、コスプレとかツインテールとか、あまり好きじゃないんですよ。なんだか俗っぽいというか、安易な「萌え」の押し売りみたいで。そういう属性があるなら、アイドルを推さずに、素直に、アキバとか池袋にあるメイドカフェとかメイド居酒屋に通うほうがコスパが高いとすら思っています(笑)。UTBのグラビアも個人的にはワンピース姿のほうが、ありのままのしなもんという感じがして大好きです。

でも、そんなアンチ「萌え」な俺ですら、下野さんのツインテールは素直にかわいいなあと思いました。

ところが下野さん本人は、非常に素っ気ない(笑)。自己紹介MCでもGoogle+でも「もう、この高い位置のツインテールするつもり無いのでしっかり目にやきつけて下さい♪」と言ってます。

その理由は、下野さんが書いてるとおり、「恥ずかしかったー(>_<)」からでしょう。似合っていようが、似合ってなかろうが、恥ずかしいもんは恥ずかしいという気持ちはよくわかります。

俺はスーツが大嫌いで、着ていると恥ずかしくなります。もういい年のおっさんだけど、恥ずかしいものは恥ずかしい。スーツなんてものを発明した人とあの世でお会いしたら、とりあえず一発ぶん殴ってやろうと心に決めています。探すの大変そうだなあというのはさておき、恥ずかしいか恥ずかしくないかを決めるのは自分自身。

でも、コメント欄で俺も書いたし、多くの人が似たようなことを書いていますが、「かわいいからまたやってほしい」という声も上がっているのは事実で、これも当たり前のことだと思います。下野さんが嫌がろうが恥ずかしがろうが、かわいいもんはかわいい。下野さんがアイドルである以上、かわいいかどうか、似合っているのかどうかの決定権は、俺たちファンにあると言っても言い過ぎではないでしょう。

「恥ずかしいもんは恥ずかしい」VS「かわいいもんはかわいい」

どっちも正論なんですよね(笑)。

ただ、俺はアイドルじゃないし、美少女でもないので、下野さんが、「恥ずかしい」と言っているのに、それでも俺たちに「かわいい」「またやって」を連呼されて、どんな気持ちになっているのかなんていうのは想像もつきません。こればかりは同じ立場に立ってみないとわからないです。

だから、自分たちのことだけを考えてみると…俺は、これって、実は疑似恋愛そのものだと思います。

すげーーーーー下世話な例えしますよ。

「こんな明るいとこじゃダメ。電気消して」と一緒なんですよ。そんなこと言われても、こっちは、キレイな裸をみたいわけじゃないですか。でも彼女は見られたくないわけじゃないですか。その辺のせめぎあいと何が違うのかと聞かれたら、別に何も違わないよね。

人間なんて、みんなゲスい生き物でしょ?異性が恥ずかしがる姿、みんな、大好きじゃん(笑)。そこに、ドMもドSもへったくそもない。

なんだかんだで、恥じらわれて、脳内麻薬出ませんでした?俺だけっすか?しなもんの恥じらいに興奮を覚えたのは。中学生メン推しておいてこんなことを書くのも、本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に、不本意だけど・・・

実に高まりました!!ごちそうさまです!!!!

・・・これじゃあ、ただの鬼畜になっちゃうので、名誉のために、弁明させてください。

下野さんが、もし、ツインテールをドヤ顔でできるようなメンバーだったら、俺は、そもそも推していないはずです。素直でいいじゃないですか。恥ずかしいから、もうツインテールはしませんって、どんだけかわいいんだよ、ちくしょう(笑)。

と、よくよく考えてみたら、ツインテールよりも、恥じらう下野さんがかわいかったという備忘。ツインテールしようがしまいが、とにかく、下野無双。下野しか。由貴ちゃんチュッチュ♡

だめだ、このおっさんw

The post 乙女の恥じらいにドーパミン appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

下野さんジャンケンをまとめてみる

下野さんがGoogle+で最近やってるジャンケン。うっかり早寝してしまったとき以外は一応参戦しているんだけど、実際のところ、これまで何戦あったのか記憶が曖昧である。今日現在、自分の記憶では、5勝4敗5分1不参加で合計15戦だと思うのだが、果たしてこの記憶は正しいのかを検証してみる。以下の記録は、「ぽん」の時間に準じたものだ。

第01戦 2013/10/08 19:37 ちょき
第02戦 2013/10/09 20:34 ぱー
第03戦 2013/10/10 23:00 ちょき
第04戦 2013/10/14 23:01 ぱー with 田島芽瑠
第05戦 2013/10/15 23:02 ぐー
第06戦 2013/10/17 23:02 ぱー with 熊沢世莉奈
第07戦 2013/10/18 23:01 ちょき
第08戦 2013/10/19 23:01 ぱー
第09戦 2013/10/20 22:59 ぱー with 朝長美桜
第10戦 2013/10/22 23:06 ぐー
第11戦 2013/10/23 23:03 ぱー
第12戦 2013/10/24 23:09 ぱー with 渕上舞
第13戦 2013/10/25 23:04 ちょき with 田中菜津美
第14戦 2013/10/26 22:58 ちょき
第15戦 2013/10/27 23:00 ぱー
第16戦 2013/10/28 23:01 ぐー

残念w計16戦でしたw

さらに出した手を分析してみると、こんな具合。

ちょき:5回 ぐー:3回 ぱー:8回

なんという「ぱー」偏重(笑)。ここまでの傾向からすれば、とにかく勝ちたい人は、ちょきを出せば勝率アップ。あいこでしなもんとお揃いであることに生きがいを感じるならぱー。とにかく負けることでハァハァしたいドMクラスタの人は、ぐーを出すと快感に浸りやすくなるという傾向になる。

なんとなくぱーを出したくなる気持ちはわかるんだよね…。ぱーのほうが、やっぱり表情がなんか明るいような気がする。自撮りのジャンケンである以上、自分をかわいく見せたいのは当然の摂理で(笑)。

別に勝っても負けても何があるわけでもないジャンケンだけど、ご参考まで(笑)。

追記:勝敗表をサクっとつくりました

The post 下野さんジャンケンをまとめてみる appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

まだまだUTBしなもんをいじりまくる

UTBの最後のカットを修正してみます。元々の写真はこんな感じ。

SKMBT_C75413102118550

 

いい写真だとおもいますが、左目のアイラインが少し乱れているのが気になるのと、あとは、印象的なくちびるをもっと活かしたいと思い、その2点に重きをおいて、レタッチ開始。

last_300

 

ワンパターンになってきましたが、青かぶりを回避して、赤やマゼンダを強調して、質感をアップさせた…つもりです(笑)。くちびるを直視していると個人的にはいろいろとアカン気がしてなりません(何がw)。

なのでこれをイラスト化して気分を落ち着けます。

last_300_ill今回は落ち着きを出すために茶色をチョイス。

まだ未着手のカットが3枚ほどありますが…いじればいじるほど、なんか印象が変わってくるのが本当に面白いです。

 

The post まだまだUTBしなもんをいじりまくる appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

下野だけがキャパシティ(キャパキャパキャパキャパキャパシティ)

26日にBSプレミアムで放送された「AKB48 SHOW!」。もちろん、HKT48が出ることも、「回遊魚のキャパシティ」をやることも、出演メンバーに俺の下野さんがいないのも知っていた。

わざわざ見るのも悪趣味だなあとは思った。俺の下野さんが出ないんだ。どうせ見終わったら後味の悪い思いをするに決っている。

それも、よりによってキャパシティ。極端な話、シャムネコとかさ大声ダイヤモンドだったら、さほど何も思わないような気がする。俺は、キャパシティを歌って踊っているときの下野さんの表情が、本当に大好き。

だからこそ、今回の「AKB48 SHOW!」はスルーすべきだと思いつつ、この景色に見慣れておかないといけないのかなあとも思った。メロンジュースのときみたいに病まないためにも(笑)。

番組の最後の最後で、大島優子さんの語りから、回遊魚のキャパシティが披露される。まさかの生歌。本村さんの動きがキレキレで見ていて吸い込まれた。碧唯だけがキャパシティな気持ちで見ていたことは否定しないけど。

それでも、やっぱり物足りない。ここに下野さんがいたら、どれだけ高まったんだろうかと思う。予想通り、後味が悪い。悔しいなあと思う。

もちろん、俺はプロではないし、評論家でもない。下野さんのキャパシティの表現が良いのか悪いのかと聞かれても、良いか悪いかすらわからない。主観で「好き」としか言えない。何が卓越していて、どう素晴らしいのかを客観的にうまく形容することもできないから、こうして、「俺は好きなんだ」「出てこなかったから物足りないんだ」としか言えない。

それがまたもどかしさを強調しやがる。言葉巧みに、魅力を流布することすらできない。こういう光景を見て、葛藤したんですよ、とグチっぽいことを呟くしかすることがない。なので、憂さ晴らしに、下野さんの生誕祭の動画を2回も再生して朝を迎えた。やられたらやり返す!倍返しだ!(笑)。

まーたバカなことやってんなあと自分でも呆れる。でも、こういう光景に見慣れて、免疫を作ることもファンとして大事なことなのかなあと思う。決して、見慣れたいわけではないけれど、なぜ、いなくて物足りなかったのかくらいは、客観的に語れるようになりたいとは願っている。

そんなことができるようになっても、誰得でもないけどさ、下野さんがHKTにいる以上、あまり屈折した気持ちで、「見なきゃいいだろ」っていう処世術に甘えたくもないしね。彼女がHKTの中で、楽しみつつも戦っているんだから、ファンの俺が目を背けてばかりいるのは何か違うと思うし。

一緒に戦いたいというのは、下野さんにとってありがた迷惑だろうけど、その気持ちを押し付けずに、思うだけなら、俺の勝手なお遊びだ。「見なきゃいいだろ」っていう処世術は、この勝手なお遊びが苦痛で苦痛でしょうがなくなってから発動すればいい。

今現在、そこまで、苦痛で苦痛でしょうがないのかと聞かれるとそうでも無い気がする。自分に酔ってるだけなんだろうなと苦笑いしそうになる。

しなもんが出ていない番組を見て、こんなことを思ったんだという備忘。

何年後かにこれを読み返して、せーので大笑いしたい(笑)。誰と大笑いしたいのかはご想像にお任せしますw

The post 下野だけがキャパシティ(キャパキャパキャパキャパキャパシティ) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

さらにしつこくUTBしなもんをいじり倒す

先ほど、デスクトップ向けの壁紙を作ってみましたが、これをさらに一歩先へと進めたいと思います。とりあえず試作品ですが、イラスト調に加工してみました。

white_wanpi_3-300_wp2青か赤か迷いましたが、下野さんは青がよく似合うと個人的に思うので、青色で仕上げました。

妻子持ちとしてはこっちのほうが壁紙として使いやすい←w

The post さらにしつこくUTBしなもんをいじり倒す appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

大改造!!劇的Before After(しなもんのPCデスクトップ向け壁紙作成大作戦)

UTBのしなもんの画像をひたすら修正して遊んでいます(笑)。前回、iPhoneの待受をUTBの画像にするために修正を行って待ち受けロック画像を作りたいなどと言っていましたが、先に、PCのデスクトップ向けの画像を公開します。

まずは、編集前の状態から。

SKMBT_C75413102118590ええと…今度は青かぶりですか…(笑)。もちろん青かぶりで儚さがよく表現されているとは思いますが(あくまで上から目線のド素人w)、少し手を加えて、ここに、下野さんらしい柔らかさを足していきます。色みを変えて、前回同様に逆HDRをかまして、明るさをもっともっとハイキーに振ります。

white_wanpi_3-300_wp女性らしい「艶」がこれで出せたかなあと自画自賛(笑)。

しかしまあ・・・見れば見るほどフォトジェニックだなあって思います。下野さん。

レタッチひとつで、撮り方ひとつで、ここまで印象が変わる女性も僕は珍しいと思います。

 

 

The post 大改造!!劇的Before After(しなもんのPCデスクトップ向け壁紙作成大作戦) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

爆ageグラフ

UTBが発売されて、俺はこんなグラフと睨めっこしていた。23 - 1

Google+のサークルに追加した人数=フォロワーの数。右肩あがりなのは結構だけど、なんかこう、雑誌のお仕事した割には、めっちゃ普通じゃね??UTBのグラビアも、もしかしてしなもん推しには、めちゃくちゃ好評だけど、世間一般の方々には、さほど、刺さらなかったのかなあ。

そんな風に思い始めていたその矢先!

昨日、下野さんがぐぐたすで、フォロワーが増えたと言っていた。俺は、↑のとおり、グラフを見ていたので、増えたって言っても微増じゃんか…と少しだけ思いながら、同じグラフを表示してみた。

26 - 1

 

なんだこのバブル期のハイレグ水着のVゾーンみたいな上昇カーブはwwww

結局、この日の最終的な追加数は「+192」。これ、下野さんのフォロワー増加数の歴代10位となる数値。

2012/06/17  720 指原移籍騒動
2012/06/16  534 指原移籍騒動
2012/07/06  286 指原移籍後初公演
2012/07/07  254 指原移籍後初公演
2012/08/19  248 HKTメンバー活動辞退
2012/02/24  220 謎上げ
2012/08/17  202 HKTメンバー活動辞退
2013/03/27  199 スキップ名古屋全握翌々日
2013/03/21  199 スキップ関東全握翌日
2013/10/26  192 UTB?
2013/04/02  172 今年の誕生日

UTBは福岡の書店では発売日から2日遅れるらしい。すなわち、25日に店頭にならんだ。時系列的に間がればこのバク上げの要素は「UTB」だろう。

フォロワーが増えるのは、純粋に新規顧客をとっ捕まえてきたのと同義である。あとは、この顧客たちをいかにしてファンやヲタという「取引先」にコンバージョンできるかが大事なところ。

しなもん、がんばれ!!

 

 

The post 爆ageグラフ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

博多「レジェンド」を見てきた(10月13日 TEAM H 博多レジェンド公演 遠方枠限定公演)

見たい見たいと思っていてもなかなか入れない公演。俺は、この遠方枠限定公演が、6回目の公演だった。

  • 2012/06/08 A6th目撃者(前田亜美さん生誕祭)
  • 2012/07/18 H1st 手をつなぎながら
  • 2012/08/12 H1st 手をつなぎながら(AKB48劇場出張公演・昼)
  • 2012/12/14 H1st 手をつなぎながら(多田愛佳さん生誕祭)
  • 2013/04/03 H2nd 博多レジェンド(下野由貴さん生誕祭)
  • 2013/10/13 H2nd 博多レジェンド(遠方枠限定公演)

なんか申し訳ないけど、1回を除いては、やれ生誕祭だ、やれ出張公演だ、やれ遠方枠限定公演やら、なんだか特殊な公演にばかり当選している(笑)。

さて、この遠方枠限定公演で俺は初体験を2つ経験した。

1つは立ち見。今まで遠方枠で入った公演を除けば、入場順は1順、3順、1順…なんだこれ。で、今回はかなり遅い入場順だったんだけど、実は、今回、よほどの良順でなければ、立ち見最前がいいと思ってました!(連番した人ごめんなさいw)

最後のほうで触れますが、今回、博多まで各駅停車を乗り継いで30時間以上かけて劇場まで来ていたので、座ったらもしかして寝てしまうんじゃないかという気持ちと、今回は、ガチで声を出しまくろうと思っていたので、座りより立ち見がいいなあと思ってたり、前回、下野さんの生誕祭ではデベソ脇の非常にいい席だったので、今回は立ち見から、全体を見渡したいなあとか思ってたり。

ある意味、狙い通りに(重ね重ね連番した人ごめんなさい)立ち見最前列を確保。

もう1つの初体験は…これは思い過ごしでもないと思うけど、公演が盛り上がるとメンバーもそれに答えて喜んでくれるんだなあというのを感じた。この遠方枠限定公演は、ちょっと異質だったと思う。客の盛り上がりが本当にすごかった。俺たち立ち見(上手)の一角は、どうしてこんな叫びたい人たちが集まってきたのか不思議なくらい濃密な空間。帰りに高速バスの中でDMM配信を見ていたけど、確かにハンパなかった。

で、客が盛り上がっていたことによって、メンバーがいつもよりもすごかった。実際、前半MCにあったとおり、ちひろんの衣装は乱れ(おまけに手に外傷)、しなもんのブーツは壊れ、みなぞうの髪飾りはどこかに飛んでいってしまう。MCもみんなおかしいでしょ、あのノリ(笑)。ボスは裸エプロンが~とか言い出して、エプロン解きたい人~なんて煽りだすし、はるっぴもバスケ部をスケベと聞き間違えたとか、おかぱんはわたしの家にウエルカムとか言い出すし、あおいたんは「やりたい?」とか煽り始める始末。

おかしい。絶対みんなおかしい。はじめての遠方枠限定公演を失敗させたくないとかそんな後ろ向きな理由なんかじゃなかったはず。客もメンバーも本当に楽しかったからに決っている。他に理由なんかなかったはずだ。

客もメンバーも一緒にここまでぶっ壊れた感を出せた公演は、今まで、見たことがなかった。特にアンコール後のスキ!スキ!スキップ!とメロンジュースは。みんなの必死さがビンビン伝わってきて、本当に鳥肌がたった。スキップなんかは、全握のイベントや武道館とかでも見たけど、あんなに必死でいて、キレイに揃ってるスキップははじめて見た。

なんだか、博多レジェンドが、本当に「レジェンド」になる瞬間に立ち会えたような気がした。すごくいい思い出ができました。

終わり。

ここからは完全に蛇足。

さて、俺は、こんなステキな公演をみるために、東京から各駅停車を乗り継いで、博多まで32時間をかけてやってきた。詳しい行程表はこんな具合。10月14日が鉄道の日で、毎年、その時期に発売される「秋の乗り放題パス」を利用した。早い話が、青春18きっぷみたいなもので、連続した3日間で、JR全線の各駅停車に乗り放題でお値段7500円。帰りは、薬院の「ウエスト」で、福岡に住んでるしなもん推しのみなさんと食事をしてから、小倉から倉敷まで夜行バスでワープする区間を設けることで行程に余裕が作れたので、大阪周辺で半沢直樹のロケ地めぐりをして帰った。

来る前は、この間も書いた通り、ヲタ活における不満(というか自分のヲタとしての不甲斐なさ)を感じて、アイドルを応援することの意味がわからなくなってしまっていた。悩んだ結果、しなもんのおかげで、応援することはニヤニヤすることであるような気がして、今回の公演は、それを愚直に実践する機会だった。

だから俺はいっぱい叫んだし、いっぱい笑った。目線はほとんどずっとしなもんを追いかけ続けていた。今までよりずっとまっすぐ見ていた。歌って踊ってる姿はすんげーキラキラしてたし、自己紹介MCで自分の順番来るまでは、いつもどおりなんかゆるくヘラヘラしててかわいかったし、天国MCの仕切りでは、一生懸命な表情を見せてくれた。

ほらね、やっぱり楽しいじゃん(笑)。

だから、応援することとは、好きなアイドルを見てニヤニヤすることさえ実践できれば、ただそれだけでこっちも楽しくなるし、メンバーも楽しくなる。公演だって当たり前に盛り上がって、だれもが幸せになれるってことなんだというのを、まざまざと痛感させられた。

えっと、推しが選抜にいないからメロンジュースなんか買わないとか言ってたヤツ誰だ?たまたま入ったパチ屋でメロンジュース流れてきて耐えられなくなって、店の外に飛び出して路上喫煙していたヤツ誰だ。嫁と娘が見ていたテレビでメロンジュースが流れてきてテレビ消したヤツ誰だ。

はい、俺です( ー`дー´)キリッ

そのくせ、アンコールでメロンジュースになって、必死でオイオイ叫んでたヤツ誰だ。

はい、俺です( ー`дー´)キリッ

・・・正直、叫ぶことも知らなかったのに、声が自然にでてきたんだよね(呆)。

もちろん、推しに選抜に入っていてほしいと願う心も大事だと思うし、そのために何かしてあげたいと思うことも大事だと思うけど、その願いや思いがいきるぎると、本当に楽しいことが何で、何を楽しみたいかすら、見えなくなってしまう。楽しむことが最優先でなければ、こんな趣味が長続きするわけがない。

俺は、図らずも、そんな当たり前のことを、15歳の中学3年生のアイドルに教わった。

こういう結末を迎えることは予想できたので、実は、福岡に着いてから、真っ先に下野さんにプレゼントを買いに行った。ラッピングは、「Thank you.」と書かれた箱を選んだ。これは、俺なりの精一杯の感謝。手紙にもそんなことは事前に書いておいた。

こうして、俺は、夏に感じた全ての苦悩とさようならをした。これからもずっと下野さんを応援するにあたって、同じ轍は踏まないだろう。いや、踏むような、踏みたくなるようなことがあったら、この日のことを思い出せばいい。

こうした体験ができたのも、「各駅停車」と銘打つこのブログ的には「おいしかった」ということで(笑)。各駅停車の旅だからこそ感じる苦痛もあれば、各駅停車の旅だからこそ見える景色も、各駅停車の旅だからこそ味わえる味もあるのだ。新幹線や飛行機でスマートに移動したら体験できないことだってある。

俺は、ステキな推しメンを持った果報者だ。ええ、とっても幸せものですが、なにか?

【完結】

The post 博多「レジェンド」を見てきた(10月13日 TEAM H 博多レジェンド公演 遠方枠限定公演) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

メイドしなもんmoreキュンキュンver

先日、発売されたUTB。たまらなくキュンキュンすることに間違いはないんですが、個人的にちょっとなーと思ったのが、写真の色被り。特にメイドさんのほうは、激しく緑色が被ってます。

色被りも表現手法なのは理解しています。というより、俺も、アイドルヲタクになるまでは、写真に没頭していて・・・と書くとカッコよくなっちゃうので素直に告白すれば、ただの撮りテツだったんですが、テツ写真であっても色を被せる手法は当たり前で、手前味噌ですがこんな写真で賞をいただいたこともあります(一番下)。

でも、今回のしなもんのメイドさん姿は、素直に、ありのままの色で良かったのかな、と率直に感じました。緑被りでガーリーな雰囲気を強くしたのはわかりますが、下野さんの最大の魅力と言っていい、色の白さや肌の柔らかさが犠牲になっているような気がしました。

そこで…。自分になりに、あの写真を自分好みにレタッチしてみました。やったことは、ロゴ消し、ゴミ取り、色調補正(緑被りをやめてややマゼンダ強調)、そして、柔らかさを増すために「逆HDR」をかましています。HDRは本来パキパキにするための手法ですが、数値をマイナスに触ればディテールを壊すことなく、柔らかい雰囲気が出せるので、俺は人物写真のレタッチでよく使っています。

という御託はここまでにしまして。iOS7用の壁紙、iOS6用の壁紙として、画像を貼ります。

★iOS7(iPhone5 or later)

ios7_SKMBT_C75413102118570

 

★iOS6(iPhone5 or later)

ios6_SKMBT_C75413102118570

 

そしてこの壁紙を自分のiPhoneに使うとこんなイメージ。

IMG_0756

 

アカンこれ。電話見るだけでニヤケが止まらんwww

というわけで、UTBの写真を使った待受画面を少しづつ作成して公開していこうと思います。

今、ロック画面はこうなっていますが、次はここの代替となるようなロック画面用の壁紙を用意する予定です。

IMG_0757

 

これはこれで好きなんですけどね(笑)。

The post メイドしなもんmoreキュンキュンver appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.