「HaKaTa百貨店」カテゴリーアーカイブ

ラッキーパンチ(瓢箪から駒)

糸電話のくだりで、百貨店恒例のメンバー決めのくじ引き
01
02
03

公正にくじ引き
みんなの名前が入った箱からくじ引き
でも選ばれる兒玉さん(というか推されの方々)←

これは公正なくじ引き、
テレビの構成的に正しいくじ引き。
はるっぴが出りゃ文句はないし←
まー運も実力のうちでくじ引きで引き当てられる兒玉さんが“持ってる”って事でw


んで、糸電話で我等が兒玉遥ちゃんが2位評価を受けた所について

04


小さい声で囁かれると、聞き逃すまいとより一層耳をそばだてます。
集中すればするほど、印象に残り、高評価を受けるという頭脳プレイ!!!!


…だったら「はるっぴスゲー!!w」って話なんだけど、
よくよく見返すと、

05

糸が集音マイクのコードに絡まって声が減衰しただけというオチw


はるっぴ、持ってるわ~w


ま、芸能界なんてそれこそ“運も実力のうち”な世界なわけで、これこそ
はるっぴの実力ってことで!!

百貨店にプチおこ!

さて、当ブログ内で「HaKaTa百貨店」のカテゴリがまた使えるのが嬉しい今日この頃、
第二回の配信前に第一回目について色々と気付いた事等を取り上げてみたいと思います。



まずは、超個人的な悲しいポイント。

island
この画像のどこに引っかかるかってのは
まぁ、昔の百貨店の話題を参照願います…orz


それにしても、タイトルバックの3号館Ver.と

TB3

と、ANNEX Ver.

TBA

辛口な事を言えば、毎度毎度同じ顔ぶれ←
ま、仕方ないと言えば仕方ない。
そういう点では

TBO

の方が優秀なタイトルバックだと思う。

個人的には今回はるさくとめるみおの並びが嬉しくもあり悲しくもある。
(意外とめるセンターっていうのは私の中でアリでしたし…)
でもやっぱ、

zoomup1
zoomup2

はるっぴ可愛いかー!






ま、一番思ったのはANNEXの方の並びで
なつみかんがなつの前に配置されてる事への驚きです。


シングル選抜は難しくてもバラエティー超選抜でいいじゃないか!w
こういう目立ち方をさせてもらえるっていうHKTの活動方針
「逆転力」
“選抜だけが全てじゃない!”
“大事なのは芸能界に残れる力!”
“自分の武器を磨け!!”
を体現してるところは評価できますね。

ボスすげー!!w


いよいよ今夜!

待望のHaKaTa百貨店3号館が今夜スタートするわけですが、
百貨店3号館の一方を受けた段階では、大好きだった番組だけに嬉しい反面、
あのコンセプトが今のHKT48には馴染まないのではないか?
という危惧を持ってしまいました。


あの当時、まだCDデビュー前のHKT、
その時点で知られてい
たのは指原さんと呼ばれて来たゲストだけ。
(当時の私の場合です。)

しかし、回を重ねる毎にメンバーの顔と名前と個性がどんどん頭にインプットされる楽しさ
誰が推しメンバッジを獲得しグルメデートに行けるのかというワクワク感!
HaKaTa百貨店は本当に楽しい番組でした。
 

それがHKTの起爆剤となり
今や2年経って、選挙ランカーが14名(木本さん含む)
本店選抜経験者も計7名になりました。
ましてや1位経験者の支配人兼務のメンバーや、
本店の現センターポジションメンバーまで在籍しているグループです。
 

百貨店のコンセプトから考えれば2期生、3期生中心で行く方が百貨店らしいし、
選抜メンバーを出すなら卒業した神クラスのOGをOKにしなければ成り立たないし
はるっぴには出てほしいけど、3期生達も見たいっていうジレンマを感じていました。

結局、ドランクドラゴンの塚地さんが初回のゲストだという報道や
はるっぴ出演の確定情報、
そして若手メンバーにはアネックス(別館)という枠が用意されている事で
胸を撫で下ろして放送を楽しみに待つことができました。

福岡のファンはhulu様々といったところですが、
製作者サイドに確実に視聴料が還元される事を考えれば、
スポンサーありきのこれまでの番組製作よりも
健全な環境が整ったと考えるべきでしょうね。


関東以外の皆さん、ちゃんとhuluで見ましょうねw









でも、FBSで見たいなぁ…(´・ω・`)

 

HaKaTa百貨店の思い出:その①~席替え~

この間、HaKaTa百貨店を全放送分を見なおしたら、大事な事実を忘れていたことに気付いた。それは、下野さんの席替え、である。

百貨店における下野さんの席といえば、端っこのイメージが強いのだが、第1回の放送を見たら…なんとはるっぴの後ろ!2列目センターじゃんwどーーーーん!!

vlcsnap-2013-05-30-11h41m00s97ハッキリ言えば、めちゃくちゃおいしい席。はるっぴやまどかが映れば、下野さんの尺が稼げる(笑)。

しかし、第3回目の放送から、下野さんはいわゆる「定位置」に座ることになる。

vlcsnap-2013-05-30-11h34m14s29

この席替えが意図するところはなんだろうか。画像だけを見比べると、第3回に、中西さんと松岡さんが不在だったので、それに伴い、席替えが必要だったという事情が伺える。村重さんが、松岡さんのかわりに前列に移動し、不在だった中西さんの位置を詰めると、自動的に、下野さんが端になる。

ただ、この時点ではただのスライドで、大きな意味はなかったのかもしれない。しかし、第5回放送分の席順も加えてみる。

vlcsnap-2013-05-30-11h57m18s101

2期研究生の田島さん、朝長さんが加わり、中西さん、松岡さんが戻ってきてこのフォーメーションとなる。中西さんが復活してきているが、下野さんの立ち位置は端のままである。1回目基準であれば、朝長さん、下野さん、中西さんという並びでもおかしくないが、そうはなっていない。

理屈はこうなんだと思う。偶然的に、中西さんと松岡さんが不在だから、席をスライドしてみたら、第3回放送分で、下野さんがあの席をうまく活用して、推しメンバッチまでもらってしまったから、もうあのポジでいいじゃん!

もちろん、世の中はそんなに下野さん中心で回っているわけがないので、こじつけでしかないが、そんなこじつけを作れてしまうだけの流れがそこに存在したのは事実だ。

そして、俺は、動画を見直してて、そもそも3回目のスライドですら必然に思えるシーンを第一回放送分で見つけてしまった。

指原「みんなどう?柏木ちゃん」
(ほんの一瞬の静寂)
下野「キレイ!」
他のメンバー「キレイ」「かわいい」
柏木「イイ教育してるね!」

vlcsnap-2013-05-30-15h56m32s117

OA当時気づいてなかったが、みんなが戸惑っている中、先陣切って声をあげたのは下野さん。画像じゃ、ちょっとわかりづらいけど。

http://www.dailymotion.com/video/x10b76q_1hh_creation&start=70

そしてもうひとつ、これも気付いてなかった。柏木さんに推しメンアピールするシーン。

vlcsnap-2013-05-30-16h05m19s15

最終的にガッツリ立ち上がってるのは村重さんだけど、初動の速さでは下野さん。

http://www.dailymotion.com/video/x10b76q_1hh_creation&start=1068

こういう1つ1つのシーンはきっと単なる偶然なんだろう。おそらく下野さん本人も、スタッフも、視聴者の多くも忘れているであろう瞬間的な偶然すぎる偶然だろう。

しかし、こんな言葉を思い出した。

「偶然は準備のできていない人を助けない」
(フランスの細菌学者:パスツール)

要するにそういうことなんだと思う。

The post HaKaTa百貨店の思い出:その①~席替え~ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.