「AKB48グループ」カテゴリーアーカイブ

論理的な判断と心情としての反応

年も開けてそろそろAKBの43rdシングル劇場盤の抽選申し込みのアナウンスが来そうな1月です。
(発売日は3/8)

選抜は先日行われたAKB紅白で発表された

入山杏奈 
柏木由紀 
加藤玲奈 
木崎ゆりあ 
北原里英 
小嶋陽菜 
指原莉乃 
島崎遥香 
松井珠理奈 
峯岸みなみ 
宮澤佐江 
宮脇咲良 
向井地美音 
山本彩 
横山由依 
渡辺麻友 

+卒業メンバー 
前田敦子 
大島優子 
篠田麻里子 
板野友美 
高橋みなみ 

という顔ぶれ。
卒業メンバーが選抜されているとはいえ彼女たちの個別は無いでしょうし
ネームバリューだけで売上がどう動くのか注目ポイントではありますが、
またしても我等が兒玉遥ちゃんの名前はそこにありませんでした(クヤシイ

今更卒業生を招聘してオリメンの峯岸さんまで選抜される懐古選抜に
現役の非選抜推しのヲタからは発表後からブーイングの嵐。
ま、そりゃ仕方ないだろう。
10周年記念で神メンを呼んだっていう理屈はわかるが、
んなもんたかみなの卒業シングル(とされていた)唇BMBでやっといて
43rdはこれからを担う新なメンバーをもっと選抜に入れろよって私も思います。
なんで新顔がみーおん(向井地美音)だけなんだよ!

はるっぴが多人数選抜の時しか呼んでもらえない悔しさ。

43rdの後はすぐに44thの選挙券つきシングルが来ます。
心情としてははるっぴが選抜されてない43rdは買い控えて
44thにつぎ込もうって誰しも思うことでしょう。

しかし、43rdがこの選抜選定で明らかに不評な今、買い控えを主張する回りに同調して
意図的な買い控えをするのははるっぴにとって得策でしょうか?

私の考えは「否」です。

運営目線で考えれば投票シングルだけで売れるメンバーよりも
いつも売れるメンバーの方がありがたいに決まっているからです。
なので43rdがちゃんと売れたから44thに選抜されるっていう構図がやはり基本だと考えます。

しかもはるっぴの最近の売れ方や現場のレーンを見ていると、いつも買っている層が
前にもまして色濃くなり、他のメン推しだけどはるっぴも好きだからついでにかう人や
直近ではるっぴが気になってきてお試しで買ってみたっていう人が減っている印象を受けています。
(そもそも握手会全体で購入者が減っているのではという推定もなされています)

そう考えると43rdこそが支え時だと考えるべきです。

もちろんその後に控える44thが本丸なので43rdは程々に抑えなきゃいけないのですが
皆がちょっとづつ抑えようと意識したら合計ではかなりのブレーキになります。
なので、普段から大量買いの人はセーブしていただいて、
買ったり買わなかったりの人は軽く買ってもらって、
関東(関西)遠征は選挙前だから控えようって人は1枚だけ、握手券の為ではなく
劇場盤CDを買い求める気持ちで買い支えに協力していただけたらなと考えています。


さて、運営の回し者のようなお布施への公報はこれくらいで、
43rdシングル、誰がセンターを務めるのでしょうか?

こういうのをヲタ妄想するのが案外楽しいもので、
私の予想では、

みーおん!
それか、みーおんとさくらのWセンターかな

なーにゃ(大和田南那)も選抜されてたらみーおんとなーにゃのWセンターがベストだと思うのですが
みーおんしかいないのでそこが残念です。

みーおんを支える配置で敦優を置いたら、これからのAKBは向井地で行くぞ!
っていう運営の意思表示としては判りやすいと思うからです。
そこを踏まえると、希望的リフレインのMV(センターの系譜)からさくらちゃんとセットにして
さくみーWってのもしっくり来るのかなあ…といったところ。

ま、はるっぴがいないから妄想してももどかしさしか無いんですけどね…

引用元 : http://haruppi.doorblog.jp/archives/46473879.html