「魅力」カテゴリーアーカイブ

半年間温めていた下野さんのちょっとイイ話

ヲタ活してると推し被りって嫌だなあと思うことも多々ある。

まあ、他人の握手レポを呼んで、「ぐぬぬ」という嫉妬心をメラメラ燃やすのはかわいいもの(笑)。だから、俺は他人の握手レポなんてガン無視ですよ、ガン無視。

ちっさっ!!

あ、愚息批判じゃないからね。いじけないでよ、僕のトニーニョ。

逆にムカつくのが、これはいい話だと思うことを素直に書いたら、「でも、それってさ」と返り討ちにあうこと。

まだね、他メン推しに言われる分には腹は立たないんだけど(そりゃあ仕方ない)、同じ下野推しに言われると、ぶっちゃけ怒り心頭なわけで。

ただ、そこは、妻子持ちの余裕ってヤツ。ムカつく可能性があるなら全力回避。ヒミツにしとけばいい。

よわっ!!

あ、愚息批判じゃないからね。いじけないでよ、僕のトニーニョ(二回目)。

だけど、せっかくだから話しちゃおうかなあ。時計の針を6月に戻そう。

俺は支配人部屋に行った。まあ、話したいことは結構あって、例えば、プレゼント解禁。例えばDMM生配信。そんなことを尾崎たんに要望を出してから、一番、彼に聞きたかったことをぶつけてみた。

俺「見ての通り、私、下野さんを推してるんですが、ぶっちゃけ、下野さんってどうすか?」
尾「どうってどういうことですか?笑」
俺「支配人としての立場で彼女について思うところってないですか?」
尾「最近までロクに話したことがなかったんですが…ほら、人見知りでしょう?だけど、いつも努めて明るく振る舞ってくれて良い子だと思いますよ」

人に答えを求めておいてなんだけど、なんなんだ、この「これじゃない」感は。あー、聞かなきゃ良かった。この話は俺の中で封印しようと思ってたら、尾崎たんの横にいた少し若いスタッフが、口を開いた。

ス「さっき、楽屋で、村重の髪をといてたりしてたんですよ。なんかお姉さん気質がある本当に優しい良い子ですよ」

デキるスタッフさんいたああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ。

そう!そう!そう!
そういう話が聞きたかったの!!(笑)。

すごくほっこりしたと同時に、下野さんらしいなあと思ったの。

みんなにあまい \しなもーん!!/

勿体ぶるような話でも、長い前置きをするような話でも、この話でステマスレ立てて伸びるような話でもない。地味なエピソードだけど、下野さんの下野さんらしい話だなあと思って、半年間、それこそ、木下藤吉郎が信長の草履を温めるが如く、大事にしていたのだ。

くさっ!!

別に愚息批判じゃないからね。いじけないでよ、僕のトニーニョ(三回目)。

ていうか、ムスコにトニーニョなんて名前つけてんじゃねーよ。

いい話も台無しだ。まったく。

追伸:トニーニョは戸籍上のムスコではありません。あくまでただの棒です。

The post 半年間温めていた下野さんのちょっとイイ話 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

太鼓持ちアイドル、下野由貴(笑) 「6月4日 FM FUKUOKA まどかのまどから」

下野さんがまどかのまどからの週替り担当をして2日目。今回も下野節全開!

まとめようにもおもしろすぎるので引用部分が多いですが…お付き合いください。

森保「声がきれいなしなもん!」
下野「ありがとう、なんで?」
森保「あのね、なんかね、昨日の放送聞いたら、すごいなんか声キレイだなって思った
下野「ホントに?放送部が出てきてるのかな」
森保「そうそう効果だよ、3ヶ月だけどw」
下野「3ヶ月の効果が出てるのかな~w」
森保「いやね、ホントに好きなの!しなもんの声が」
下野「ホントに?あ、でもさくらからも言われたことがある」
森保「ホント?」
下野「歌の声が好きって」
森保「そう、好き!なんかね女の子らしい」
下野「ホントに?性格とか女の子じゃないけどねー」
森保「バリバリ男の子ですけど」

森保さんは、本当になんていうんだろ、下野推しのツボをうまくつつく褒め方してくれるなあ(笑)。しなもんの声の可愛さは本当にガチだと思います。マジで本当にいい武器。歌の声がかわいいというと、咄嗟に、Glory Daysや、レジェンドでアンダーでやった「ハート型ウイルス」が脳裏をかすめます。声量は決してあるほうじゃないけど、その分、歌声もすごく可愛らしいし、胸がきゅんきゅんするわけですよ。ホントに!!

森保「しなもんはね、なんかある?そういう好きな教科とか」
下野「好きなの、最近はですね、学校だと理科が好きです」
森保「おお、なんでなんで?」
下野「あのね、内容とかはね、わかんないんだけど、先生が面白いんです」
森保「あー教え方とかね」
下野「冗談交じりに言ってくれたりとか、あと、実験で自分の財布使ったりとかしてる」
森保「ええええすごーい」
下野「なんか、重さ・・・かな、かなんかのなんか授業のときに」
森保「実験?」
下野「重さが重いほうが落ちるときに速さが速いみたいやつがあって自分の財布を使ってくれたりとか」
森保「えええ斬新な感じですね、結構」
下野「中身も教えてくれましたよw」

前、握手会で聞いたときは、「好きな教科はない」って言ってたけど、まだ新学期始まる前だったからな。いい先生に巡り会えたようで、おじさん、一安心です。

森保「勉強はできるほうなの?」
下野「あのねー、やればできる!

まあ…若干、調子に乗ってるような気もしますが、でも、相当、頭はいいほうだよね、下野さん。記憶力もかなりいいほうだし(握手会の会話とか覚えてくれてるし)、日頃のMCの回しなんかを見てるとそれを実感します。

下野「英語、逆に苦手だわ」

よおおおおし、おじさん、今度握手会で英語教えちゃうぞぉ!これでも英検準1級所持者(どや)

下野「私のお父さんはですね…まどか推しでございます!いえい!」
下野「ありがとうございまーすw」
森保「ありがとうございます」
下野「ありがとうございます」
森保「ごちそうさまです」
下野「wいただきましたー」
森保「いやー、ねえw」
下野「そうなんですよ、握手会も行ってらっしゃって」
森保「そうなんですー、なんか誰かと連番されたという話を聞きましたが」
下野「会社の方と」
森保「会社の方と連番してなんか何枚出しかね、してくださったんですよね」
下野「そうなの、どう?うちのお父さんの印象はどうでした?まどか」
森保「すごいなんか、堅実そうな方で、すごいお固いイメージがあったんですけど、話してみたら超フレンドリーで優しかったです」
下野「ていうか、あのあと、家に帰ってきてデレデレでしたよ」
森保「ホントですか?」
下野「完璧釣られて帰って来ました」
森保「良かったです」
下野「しかもそのまどかの対応がすごい良かったよっていうのを私に自慢してくるんですよ」
森保「w娘はと?w」
下野「そう、まどかはね、最後まで手をとってバイバイって言ってくれたんだよ、お前もちゃんとしろよって言われちゃったw」
森保「wwwそんなことないですよねwしなもんはしなもんなりのね」
下野「ありがとう、言ってやってくださいよ、お父さんに」
森保「素の、素の対応が見られる、しなもんの握手、私、大好きなんですよ、しなもんの握手。おもしろすぎるんで、ちょっと是非行ってみてください」
下野「ありがとう、来てくださいね!」

鉄板のしなもんパパ…(笑)。つーか、「お前もちゃんとしろよ」ってwww

でもね、お義父さま、ご安心ください。割と由貴さん、お見送り、丁寧ですよ。剥がされてからも、会話が切れそうだったら続けてくれるし。そりゃあね、森保さんと比べたら、なんていうか、甘い感じはしないですけどw、でも、そこがまた下野さんの魅力なんですよ!

森保「山あり谷ありの人生、安定している人生、どっちがいいですか」
下野「おおっ」
森保「これ悩みどころですね」
下野「悩みだな~」
森保「これ結構思い議題来ましたよ」
下野「重いね。得意よ

駄目だ、キレキレだ、この日の下野さん。おもしろすぎるwww

森保「だってなんかさー、そのなんていうのキャラとかもさ、その安定した芸能生活を送りたいからとか」
下野「wやめて~」
森保「みたいなことずっと言ってるじゃん」
下野「アイドルらしからぬ発言」
森保「そうアイドルらしからぬ、ホントにもうね~。でもね、まあね~」
下野「まあね~」
森保「うん。そっかそっか」
下野「山あり谷あり、まあ、安定している人生てなかなかないですからね」
森保「なかなかないよ」
下野「本当に人生って山あり谷ありだと思いますよ」
森保「実際はね」
下野「多分辛いと言っても、今がイチバン、がんばりどきなんじゃないかなと」
森保「あ~、なんか言った、しなもん」
下野「あれ?なんか言ったっけ?」
森保「しなもん、恐るべし才能ですよ」
下野「w」
森保「レギュラー入れますかレギュラー」
下野「お願いします!」
森保「それではここで私達の曲を聞いてください」
下野「HKT48で」
森保・下野「今がイチバン」

「唐揚げはガチ」に引き続き、なんという茶番臭ぷんぷんの曲紹介w話してる内容は、15歳とは思えぬ大人なトークから、急に茶番に切り返すスキル(ま、作家さんの力?w)…純粋におもしろいと思います。

下野「逆に1回しかしない(Google+の更新)と心配なはずなのに
森保「wホントですよね逆に」
下野「まーちゃん、暇になったんですか?」
森保「暇になったって言うかね、あの一回、夕方かなんかに更新してみたんですよ。コメントが500埋まるかなって心配で」
下野「すごい。500件埋まるかなって心配なのがすごい
森保「いやいや…いやいや」
下野「w」
森保「そういうつもりじゃなく」
森保・下野「www」
森保「本当にしなもんはおもしろいですね」

さりげなく嫌味というかネガティブな愚痴ぶっこむのやめてくださいwまーちゃんも困ってるじゃんwwwホントに下野さん、おもしろいなあ。

つーか、なんだよ、わかってんじゃねえかwええと、下野さん、マジでいつも心配です(笑)。23時あたりにやきもきやきもきしてます、いつも。ここはですね、是非、朝と夕方も定期的に更新してくださるとですね…

森保「しなもんはどっち派ですか?夜、一回だけ?」
下野「私はですね…どうなんだろ、あの、気分にもよって違うかな」

出た。「気分にもよるかな」。握手会でもたびたび言われますこれw

下野「さすが観察眼の森保!」
森保「まぁまぁまぁ」
下野・森保「w」
森保「いいね、持ち上げるのうまいですね、しなもん」
下野「ありがとう、太鼓持ち」
森保「太鼓持ちアイドル」
下野「太鼓持ちアイドルでいけるかな

いいと思いますよ!是非、それで行きましょう!!

なんていうか…多分、下野さんの握手に通ってる人は、わかると思いますが…握手会のテンションと似た感じでここまで2回、まどからを楽しんでいる様子が伺えます。良い感じで素が出てて、森保さんとの相性もバッチリ。やっぱり、まどもんはガチだと俺は思いますよ(笑)

はやいもので、今日で残り2回…どんな絡みをみせてくれるか、本当に楽しみです。

The post 太鼓持ちアイドル、下野由貴(笑) 「6月4日 FM FUKUOKA まどかのまどから」 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

完全燃焼!~2013年5月28日 博多レジェンド公演~

やっべええええええすげー楽しい~~~~~~!!

完全に私事で申し訳ないんですが、俺、今日、落ち込んでたんです。理由は…ちょっと書くのもためらわれますが、地下でこんなスレを見てたから(まとめサイトの記事)。本当に見なきゃ良かった。書いてあること自体、受け入れなきゃいけないことなのかも知れないけど(そのあたりはまた後日…)、やっぱり、推しメンがああ書かれて気分がいいわけがない。朝っぱらからあんなスレをみたので、朝からモヤモヤしてたところに、嫁がぐぐたすをいつの間にか始めてたらしく、下野さんのところに書いてある俺のコメントを音読されるというね…マジで勘弁してください、な1日だったんだけど。

もうね、爽快すぎる、なんだこの気持ちは!!今日の公演は、下野さん推し必見!!

大雑把にまとめます。時系列ではなくて印象に残った順で。

  • 会いたかったセンターで、新しい煽りを披露!(aikoさんのパクリを参考にしたらしい)
  • 前半MCで、公開シナモンスメント
  • DMMの〆コメントでまさかのクラウチングスタート
  • 白いシャツであおいたんとお洗濯

1つ1つ、紹介していきます。

新しい煽り

会いたかったセンターで下野さんがデベソに進出。

2013/05/28 会いたかった下「アンコールありがとうございます」
全「ありがとうございます」
客「(拍手)」

下「みなさんもりあがってますか?」
客「いえーい」
下「いえーい」
客「いえーい」

 

なーんだ、いつもの煽りだよね、なんて、ちょっと意地クソ悪いこと思った直後に…。

下「男子?」

ええええwなんだこのイキナリ感www

煽りは、この後…「女子?」「コンタクト?」「メガネ?」「裸眼?」と続いて、何かで見た記憶があるなあと思った。俺はてっきりPerfumeか!?と思ったんだけど、DMMのコメントで、aikoさんの煽り方を参考にしたらしいことが判明。どうもこれが元ネタ

いや、これ、いいんじゃないっすか。煽りそのものがというよりは、他ジャンルのライブから自分たちの公演のMCに引用するということが。いずれきっとそれがオリジナルを生み出せる第一歩だと思う。

公開シナモンスメント

シナモンスメントという言葉自体はさしこ+(週プレ連載マンガ)より。これは画像で見てもらったほうが早い。

WS000007

おまわりさん、コイツですw

クラウチングスタート

WS000012 WS000014

なつとしなもんのDMM〆コメント。なつとしなもんの組み合わせは、下野さん生誕以来かな。この2人の組み合わせ、すごく大好き。でも次の組み合わせも捨てがたい。

お洗濯

WS000011

 

わかりづらいけど、下野さんと本村さん、お洗濯

こんな楽しそうな下野さんを見てたら、嫌な気持ちも全部ふっとんだ!!本当に楽しいDMM配信!!

俺の心も洗濯完了。

The post 完全燃焼!~2013年5月28日 博多レジェンド公演~ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.

下野さんの武器は手を振ること ~2013年5月27日 博多レジェンド公演~

下野由貴の手 201305285月27日の博多レジェンド公演をDMMで見ていて、「ああ、しなもんらしいなあ」と思ったのがこの一枚。未来の扉の曲中のワンシーンだ。

え?どこにしなもんが?映ってるのってちょりとあーにゃとあおいたんじゃん…。

いやいや、画面向かって右側で振られてる手、これは間違いなく下野さんの手だ。立ち位置的な判断から間違いないというのもあるが、指の長さだったり、そもそも手を振るという行為そのものが、公演やライブにおける下野さんの武器であるのは間違いない。

例えば武道館最終日のグループ総出演公演の中から。

ナギイチ スキ!スキ!スキップ!

下野さんが抜かれたシーンはそんな多くないのだが、映ればこのように手を振っている。そして、偶然か必然かわからないけれど、振っているのは彼女だけなのである。もちろん、HKT48単独の日も彼女は手を振りまくってた。それはもう、彼女の立ち位置と真反対側の席に居座っていた俺が、苛立つくらいに(笑)。

レジェンド公演においても、手を振る頻度はハンパない。また、マイクを客に向けるなどの煽りパフォーマンスも積極的に行なっている。下野さん自身がアイドルが好きで、DVDなどを見てるからだろうか。そのあたりの動作は、他のメンバーと比べると抜群にうまいなあと思う。

俺はただのおっさんだ(今更?w)。だからアイドルの気持ちなんてわからないけれど、これってものすごく勇気がいることなんじゃないかと思う。おっさんの現実に即して言えば、会社に出社したときに、「おはようございます」というのは、当たり前の行為だ。当たり前だから、挨拶するけれど、必ずしも、全員が「おはようございます」と返してくれるわけではない。返してもらえないときのあの切なさは、結構、傷つくもので、うちの会社の新人も2年目、3年目になると、挨拶が雑になってくる。

下野さんが手を振っている対象は、きっと自分のファンとは限らないだろう。だから、手を振ったところで、振り返してもらえる保証も、そもそも、そんな姿を見てもらえる保証もなく彼女は手を振っているのだろう。肝っ玉の小さい俺から見ると、怖くないのかなあと心配すらしてしまう。

そんなものが怖くてアイドルが務まるか!

ごもっともではあるんだけど、臆することなく、手を振り続けることが、いつか、大きな財産になればいいなあと思う。ちなみに、俺が、しなもんを1推しにするキッカケになったのは、公演で、ガッツリ目があって、その目に吸い込まれたというのが理由の8割である。笑っ

アイドルとして当然の所作を当然のように行うということもきっと難しいことだと思う。手しか映ってない数秒の尺で、ニヤニヤしながら、彼女の魅力を再認識することができたという備忘。

The post 下野さんの武器は手を振ること ~2013年5月27日 博多レジェンド公演~ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.