「最新の話題、その他」カテゴリーアーカイブ

更新終了のお知らせ

これが最後の更新となります。
本ブログを訪問して下さった方、コメントを下さった方、現場で連番して下さった方、これまで本当にありがとうございました。

「夢ひとつ」をじっくり聴いて、MVをじっくり、何度も観ました。今度こそ本当に、これで全てのヲタ活は終了です。

aa72af4b160821.jpg
06df388a.jpg
9ae530fc160821.jpg
…と言いたいところですが、人生何事もそうきれいな終わり方など出来ないのですね(笑)
「HKT48のおでかけ!」を録画して観ること。これは今すぐやめるつもりはありません。これだけが細々と続きます。
あとはツイとインスタ、日経大HPの定期巡回も笑

けれど、私は典型的な現場ヲタです。中でも劇場公演をもっとも愛していましたから、これが無くなった今、熱は日に日に冷めていきますし、番組自体がどんどん劣化しているという事情を加えて考えると、やがて静かに息を引き取るようにして心が離れるのは確実でしょう。
おでかけの事はともかくとして、ここで書くべきこと、どうしても書きたいことはもう全て無くなりました。これまでのご愛読に心から感謝致します。

yumehitotuoffshot160906a.jpg
ところで、驚くべきことにこの記事がちょうど1,000件目の記事でした。
何ということか、こんな偶然があるのでしょうか。いやそれとも、きれいな幕引きのために初めから決まっていた運命なのかも知れません。

しかしブログの管理画面では記事の通し番号が1,021番になっているので、お蔵入りした記事は全部で21件あったということですね。もしこれが21件でなく16件だったなら、全てを蔵出し公開して1,016件の記事をもってブログを終わりにするというのもよかったのですが、そんな事ばかり言っていたら本当にきりがないのでやはりここが潮時でしょう(笑)





776e5302160826.jpg

…本当はね。
本当は、まだまだ書きたい事なんて沢山、幾らでもあるんですよ。ちーちゃんはいなくなってしまったけれど、今でもHKT48が大好きなことには変わらないし、そして私にとって文章を書くことは人生でもっとも大きな悦びですから。

大好きなもの二つが合わさるのだから、これはもう朝まで語り尽くせます。ブログの文章なんてそれこそ泉のように次々と湧いてきます。
けれど、けれど何かが違う。少しだけ違う。
これは先のツアーの福岡二日目や愛媛公演で感じたものと同じです。ちーちゃんがいないと、何かが違うのです。
だから、少なくともこのブログはひとまず終わりにしたいのです。

4ffc8e79160826.jpg
ブログをやめないで欲しい、書き続けて欲しい。こんなお言葉を何度かいただきました。本当にありがたいことであり、身に余る光栄です。しかし、私にとってアイドルもこのブログも純然たる趣味、余暇である以上、心から書きたいと思うことがないのであれば、無理に続ける意味を感じません。
御期待に添えなかったことを心苦しく思います。そこで、一つ約束をさせて下さい。

私は根っからのアイドル好きであり、日本のアイドル文化は素晴らしいものだとも思っています。また、アイドルヲタクは一生続けられる素晴らしい趣味です。
そして私は毎日文章を書いていないと生きられない人間です。
もしまた心から好きだと思えるアイドルに出会ったなら、その時は同じとけすんのハンドルネームでブログを開設します。これが約束です。もし皆様にまたお会い出来る日が来るなら、それは本当に素敵なことです。

まあでも…
一ヶ月と経たないうちに「HKT48下野由貴ちゃんと三期生を応援する中年ヲタのブログ」を書いている可能性がまったく無いとは言い切れませんが(爆)
冗談(?)はともかくとして、今日まで本当にありがとうございました。
それではひとまず(?)さようなら。

7e8a9ca8160821.jpg





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
最終更新用画像a






引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1016.html

CDひとつ、最後にひとつ

DSC07298.jpg
ちーちゃんの卒業曲「夢ひとつ」が収録された8thシングル、皆さんご存知のとおり去る9月7日が発売日だったのだが…
だったのだが…

これまでと同じようにHMVオンラインのローソン店頭受け取りで注文した。いつもはフラゲ日には届いていたのだが、


securedownload160907.png

なんだよこれ(゚Д゚)
注文の時点ではこのような可能性もあることを示唆する文言は一切無く、それなのに発売日直前にこんな知らせを臆面もなく送ってくるとは…
しかも私はクレカ支払いで注文したのだ。これは先に決済が行われて、しかる後に発送手続きが行われる。それなのにだ。
先に金をもらうというのがどれだけ重いことか、全く分かっていないのだろう。はっきり言って世の中を舐めている。これではAKB運営と変わらないではないか。
最低かよ

こうなればCDは何処か店頭で買ってこんな注文はさっさとキャンセルしてしまいたいところだが、そもそもローソン受け取りをいつも利用してきたのは、自宅の周辺や職場の周辺、通勤経路上などにCDを買える店が無いからだ。
しかし、最寄り駅から自宅とは別の方向に10分くらい歩けばCDを売っている店があることが分かった。仕方がないからそこへ足を運んだのが7日の夜のこと。
ところが…

securedownload160911b.jpg
うわあああああぁぁぁLOVE TRIPはあるのに最高かよねえじゃねえかああああぁぁああああああ
詰んだ。
品薄かよ

とはいってもこの店はレンタルが中心で販売も一応ついでにやっている典型の店で、売り場もごく小さかったのだ。
とにかくこれで、誠に不本意かつ不愉快だがHMVオンラインからCDが届くのを待つしかなくなった。

securedownload160911a.png

そしてローソン店頭にCDが届いたのが昨日。実に発売日から四日後のことである。とんでもない話だ。
もっとも、自分の中でHKT48の時の流れが既に止まっている私にとって、手にするのが数日くらい遅れようが特に問題もないのだが…


1445.png

ただ一つだけ間違いないのは、アイドルのCDに限らず今後HMVは絶対に利用しないということ。
注文のためのアカウントも即刻削除した(怒)

DSC07301.jpg
と、ここまでが前置き(長すぎ)です。
昨日の夜、漸くCDを手にすることが出来た。買ったのはタイプA一枚のみ。
ヲタ活において金を出すこともこれで最後。HKTの「今」「最新」に触れることもこれで最後…

さあそして、次がいよいよ最後の更新です。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1020.html

ちー活の思い出「楽」

30c07478160821_20160911165627fe4.jpg
活動の思い出を振り返る記事もこれが最後です。喜怒哀楽の「楽」です。
「喜」は一つ一つの嬉しい出来事、瞬間的な幸せであり、「楽」は長期的、構造的な幸せのことである。先にこう定義しました。これに沿って言うなら、ちーちゃんとHKT48のことが大好きで、(もちろん横山由依さん推し時代も含めて)これを追ってきた日々はそれこそその全てが幸せだったと言えるでしょう。

むろん沢山現場へ行っていたからには、嬉しいことばかりではありませんでした。わざわざ福岡まで遠征して優勝し、荒んだ気持ちで帰ってきたこともありますし、秋豚や運営のやる事はその殆どが辟易と軽蔑の対象でしかありませんでした。
しかし、それらはあくまで断片的な事象であって、本当に好きで、全力で活動してきたからこそそのような感情もまた生まれるのです。大きく振り返れば、大好きなものを追い掛けている幸せな毎日、これが根底にあり、大きな前提であったのです。

a2dbc45c160704chihiroa.jpg
そんな私にとっての「楽」の中に、二本の柱があります。48グループだけに

一つは、ちーちゃんの卒業を見届けられたことです。
自分が現役のヲタでいる間に、推しメンが円満卒業する…まずこの確率が一体どれくらいあるでしょうか。これだけでも既に相当に低いと言えます。さらには、卒業公演、卒業コンサート、最後の握手会、これら全てに参加できたのです。
ここまでくると、それが成る確率は限りなく無に近いと言えるでしょう。幸運を通り越して奇跡と呼べるものでした。

e2d68ae8.jpg
もう一つの柱は、ちーちゃんのことからHKT全体のことに視野を広げて、2014年のHKT48の活動を追えたことです。
何度も繰り返し述べていることですが、あの年のHKTは全盛期という言葉でも足らず、まさに奇跡でした。それを、元日から大晦日まで一時も目をそらすことなく、さらに度々現場に参戦して、彼女達の輝きの全てを目に焼きつけ、胸に刻みました。
それはもう、全てが光り輝いていたと言えます。

620ef591.jpg
後年振り返ってみて「あの頃は素晴らしかった」「あの頃は最高だった」と思う。これは人生においてよくあることです。しかし2014年が何より凄かったのは「今が全盛期だ」「今が最高の時だ」と認識しながら日々を過ごし、現場に通っていたことです。
これは長い人生の中でもそう滅多に経験出来ない、宝石のような時間です。大袈裟ではなく「生きている歓びを感じられた」と言っても過言ではないでしょう。

この先HKTと同じくらい、いやそれ以上に好きになれるアイドルと出会ったとしても、どんなに深入りしたとしても、この二つの幸せを超える経験は絶対に出来ない。これは断言出来ます。砂漠の中で砂金の一粒を拾い上げるほどの確率もないでしょう。
そんな二つの奇跡を経験してしまったからこそ、ちーちゃんの卒業をもってヲタ卒をしたいと、そこへ気持ちが向かい、固まっていったのです。もしこれがなかったならば、ちーちゃんがいなくなって尚、今でもHKTを追い掛けていたでしょう。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1021.html

懐古活が順調な件

1434.png
DMMは七月で解約したから、あれ以来配信の画面越しというのも含めて劇場公演というものを全く観ていない。そして長いこと習慣になっていたメンバーのぐぐたすを読むことも、少し前にとうとう止めてしまった。
(誰かが「夢ひとつ」のオフショットを上げるかも知れないから9月6日と7日だけまた巡回したけど)
これによってHKTに関する最新の情報はもう私の中に入って来なくなった。上書きされなくなった。
そんなものちょっとネットを漁れば幾らでも入って来ると思われるだろうか。私はそうは思わない。劇場公演を観たりメンバーのぐぐたすを読むことによって自分が肌で感じる「最新の情勢」に対して、ネットを介して入って来るものなんて他人の手によって切り取られ、記号化された、「断片的な情報のようなもの」でしかない。
何が言いたいのかというと、私の中でHKT48が完全に過去のものとなったということです。

これによって浮いた時間を何に充てるか。他の趣味や読書に使う時間を増やす、或いはこれまでよりも仕事に打ち込む…などと言いたいところだが、私には心残りがあるのですね(^_^;
それが「バラエティ48」と「ごぼてん」を観てこられなかったこと(笑)
私の住む関東ではテレビで観られなかったのだから仕方ない。

1433.png
というわけで(余り大きな声では言えないけれど)最近はこの二つの番組を拾って観進めている。
が!ここで一つ問題が。
当初はちーちゃんが出演した部分だけを拾って観るつもりだったのだが、全部観ちゃってるという( ̄▽ ̄;)
だってJK2の頃のあおいやさくらがかわい過ぎるんだもの

まあこれも半分冗談のようでいて冗談ではないとも言えるのだ。
特に「ごぼてん」は危険だ。
見つけるきっかけになってくれた百貨店や今も細々と続く長寿番組のおでかけと違って、この番組はHKTの全盛期だった2014年の上半期から始まって、そして劇場がなくなる今年の春に時を同じくして潔く終わった。
だから画面から伝わってくる力が違う。漲るものがある。

二人がかわい過ぎるというのも、単に彼女達の容姿の問題だけではないということだ。
こうして今見ても、やっぱりあの頃のHKTは凄かった、奇跡のようなものだったなあ…とこんなことを思わせるのだから、懐古活にはぴったりのコンテンツだと言えようw
まあ私は、去年の頭には既に懐古厨を自認していた人間だからね…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1005.html

ちー活の思い出「ちーメール」

喜、怒、哀ときて、最後の「楽」にいく前に一つ軽いのを挟みます。モバメの思い出です。

ちーメールというのはちーちゃんからのメールの件名です。一番初期の頃は試行錯誤していて件名を色々と変えたり、別のものに固定しようと試みていたこともあったのですが、比較的早い段階で完全に「ちーメール」に固定されました。
たぶん件名を考えるのがめんどくさかったのでしょうww( ̄▽ ̄;)

securedownload160831mail.png

このちーメールにもちーちゃんの性格、人柄、そして何より彼女のアイドルとしてのあり方がよく表れていたと言えます。即ち、改まった真面目な話や重い内容はほぼ全く無かったですね(笑)
一度も無かったとまでは言えない、という程度の頻度でした。
所謂「病みメール」は恐らく本当に一通も無かったんじゃないでしょうか。

128bf5e6160905.jpg
はるっぴのメールを一ヶ月とってみて分かったのですが、HKTファンの間では有名なこの言葉をそのまま表すかの如く、二日か三日に一回は必ず病みメールというかめんどくさいメールが来るんですよ( ̄▽ ̄;)
もちろんこれはどちらが良いとか悪いとかいう事ではなく、それぞれが当人のアイドルとしての魅力の一部です。そう考えるとこのモバメというやつもメンバーの個性がよく表れて、本当に面白いコンテンツだと思います。

他愛もない会話を淡々と交わす、そんな日常こそが幸せなんだと、ちーちゃんのメールはそんな気持ちにさせてくれました。これが私には実に心地好かった。
そして、二十歳の生誕祭で感じたことについての記事にも書いたのですが、心の奥底に絶対に他人に見せない部分を持っている、弱さを人に見せることを潔しとしない、時にどこかで人というものを遠ざけるような…そんなちーちゃんの人間性、自分と同じところがある故に強く共感したそういう一面が垣間見えたのです。

過去に私はちーちゃんについて「理想中の理想の女性」だと言ったことがあります。これはもちろん容姿だけに留まらず、このように人柄、性格、物腰、そして一部の価値観に同じ方向性を感じることまで全てに亘ります。ちーメールにはこの事が本当によく表れていました。


写真2

ちーちゃんからのメールはこのような感じだったので、とりわけ濃い思い出や印象に残る一通というのは特に無いのですが(笑)私にとってちーメールの最大の思い出は何といっても2014年4月14日の最初の一通目から2016年7月31日の最後の一通まで、一通も欠けることなく全てのメールを受け取ったことです。これはヲタ活における大きな誇りの一つです。
そして私の記憶が正しければ、ちーちゃんがモバメを一通も送ってくれなかった日というのはたった一日しかありません。これはアイドルとしてたいへん優秀な成績だったと言えるでしょう。継続は力なりと言いますが、ちーちゃんもまたこの事を誇りに思って欲しいな。そう思います。

2014年4月14日から2016年7月31日まで840日間。一日に平均で4通送ってくれたと仮定すると全部で3,360通。一日5通だとしたら4,200通。ちーちゃん、本当にお疲れ様でした。そしてありがとう。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1019.html

極私的・HKT48リクエストアワーセットリストベスト10 2016

いよいよ本ブログの更新も終わりが見えてきました。そこで心残りはないか、どうしても書いておきたいのに忘れている事はないかと考えたところ、まさに一つ忘れていたネタを思い出しました。

HKTのオリジナル曲が一向に増えないこと、それ故にリクアワが未だに開催されないことに痺れを切らし、去年の2月に「極私的・HKT48リクエストアワー」という記事を書いたのです。
書いていて非常に楽しくて、今年もまた同じ時季に書こうと思っていたのにすっかり忘れていました(笑)
きっとちー誕祭の日程がなかなか決まらなかったのとガイシ遠征でそれどころではなかったのでしょうw

ちなみに去年の順位はこうでした。
  9位…昔の彼氏のお兄ちゃんとつき合うということ
  8位…君はどうして?
  7位…制服のバンビ
  6位…波音のオルゴール
  5位…アイドルの王者
  3位…桜、みんなで食べた/ウインクは3回
  2位…初恋バタフライ
  1位…お願いヴァレンティヌ

参考記事:
極私的・HKT48リクエストアワーセットリストベスト9(前半)
極私的・HKT48リクエストアワーセットリストベスト9(後半)

それでは開演しますが、去年は一つ一つの楽曲について自身のアイドル論も交えて長々と語ったのですが、今の私にもうそこまでのモチベーションはありません。そこで寸評にとどめます。
また、順位においては楽曲に対する客観的な評価もさることながら、個人的な思い入れを重視しています。先日蔵出した記事で「お願いヴァレンティヌに匹敵するほどの神曲」と絶賛した微笑みポップコーンの順位が奮わないのはこのためです。



10位…波音のオルゴール
2f1f021b160830.jpg
新しい曲が増えていけば初期の楽曲は年々埋もれていくのは必然のなりゆきだが、HKTの隠れた名曲といえば依然としてこの曲が先ず思い浮かぶ。イントロから歌い出しのところで転調するのがたまらない。

それにしても、最近はカップリングも含めて勢い任せのがちゃがちゃした曲ばかりで、このような淡い味付けながらもメロディで聴かせる曲がHKTには全然無いな。今この曲を聴くと、そんな事にも気付かされる。





9位…HKT城、今、動く
この曲は凄い。恐れ入った。
言うまでもなく劇場移転を題材とした歌詞だが、専用劇場の喪失と西鉄ホールへの移転は損失であり、受け入れ難い事だった。だから、何でもネタにすればいいのかという思いも加わり、最初は拒否反応があった。

ChH9nP0UoAAPYkj160830.jpg
だがそんな私のちっぽけな拒否反応を塗り潰すくらいの強大な力をこの曲は持っている。歌詞の中に出てくる様々な言葉や音楽的な部分でも、あちこちに周到な仕掛けが散りばめられている。これはまさしくプロの仕事だ。
そうと分かって乗せられるのは悔しくもあるのだが、でもとにかく楽しいんだから仕方がない。この曲を聴いていると「確かに専用劇場の喪失は辛いけれど、今は楽しくメンバー達を応援してあげようじゃないか」という気にさせられてしまう。音楽の力恐るべし。

ただし、その強大な力はMVを観る限りでは感じられない。ステージで化ける、生で観てこその曲と言えるだろう。いや「観る」ではないな。メンバーと一緒に祭りの熱狂に飛び込んでこそだ。アイドルのライブを生で観ることがいかに刺激的か、高揚するものか、それをこの曲は教えてくれる。





8位…Buddy
buddy160830.png
こんな曲を女性アイドルに歌わせてしまうところに秋元康の奔放さが表れているが、それこそがこれまで数々の神曲を生み出してきた原動力でもあるのだろう。
それにしてもこの曲はぶっ飛んでいる。曲自体は素晴らしいものだが、じーなのセンターが、いやHKTが、いやいややはり女性アイドルに歌わせることにどうしても無理があるというか違和感がある。その妙味も含めて味わうべきだろう。

唯一、かつてのチームKが歌ったなら似合ったかも知れない。HKTは一時期、チームHにかつてのチームK的なもの、KⅣにB的なものを作為的に纏わせようとしていた気配があったが、この曲にそれがよく表れている。





7位…アイドルの王者
1400850923291idol no ouja
数多くあるメンバーそのものを題材とした曲の一つだが、秋元康からの無責任な応援歌とは違って、一貫してメンバー当人達の目線であるところがこれら他の曲とは一線を画する。これを歌うチームHにもし自分の推しメンがいたなら、より力が入ってこれまで以上に応援したくなるような、そんな気持ちを鼓舞する不思議な力を持っている。
そしてMVの出来が実に良い。表題曲の「控えめI love you!」のMVが酷い手抜き作品だっただけに余計にこれが目立つ。





6位…ウインクは3回
1440_2016083021333064e.png
明快で健全なアイドルソングらしさを、16人という多人数を前提にここまで真っ直ぐ消化した曲は他にない。アイドル好きの琴線に触れる名曲。

1439_201608302133298c5.png
MVは微笑みポップコーンと並んでHKTの歴代最高傑作である。





5位…微笑みポップコーン
CqQWVFCVMAAjvHk.jpg
これはHKT48三期生のために天から降りてきた祝福ではないか、そう思えた程の神曲だ。楽曲も歌詞も良いが、とにかくMVが秀逸である。曲の世界観をここまで余さずに表し、さらに互いに高め合っているMVは他に観たことがない。
微笑みポップコーンのMVを観たことがないという人は大きな損をしている。HKT三期生のかわいさ、そしてアイドルの素晴らしさに刮目せよ。





4位…大人列車
816.png
聴けば聴くほど好きになる神曲。アイドルの曲としての迎合が一切感じられず、無心にただ良い曲であろうとしている、秋元作品の良い部分が全面に表れている。
それでいながら「兒玉遥の目から見た宮脇咲良との物語」に重ねることが出来るのだ。何という歌詞だろうか。
そしてこの曲が世に出された三ヵ月後にはるっぴが総選挙で17位、あと一歩のところで選抜入りを逃した。まさに「君が乗っているのに、数秒僕は間に合わなかった」のだ。この時は秋元康は予言者なのかと震えた。

6a81206d6017f9407251f5d6c3a63f7eotonaressha.jpg
これは間違いなくHKT48の歴史を語る上で欠かせない一曲だが、これ程の名曲がシングル表題曲ではなく本店カップリングに入れられてしまうのだから、皮肉なことにこのグループの歪んだ現状を表す一曲だとも言えるだろう。
個人的にはこの曲は日本語だけで書かれている(※)ところにも大いに好感が持てる。





3位…桜、みんなで食べた
もともとシングル表題曲の中では抜きん出て好きな曲ではあったが、ちーちゃんが卒業発表をしてから今日に至るまで、改めてこの曲の存在が自分の中で大きくなり、度々頭の中を駆け巡るようになった。
去年の記事でこの曲について、HKTの全盛期の象徴だと書いた。それに加えて歌詞の通りの切ない卒業の曲というもう一つの顔が私の中に出来たのだ。

1441_20160830213510170.png
全てがこれから始まろうとしている最も初期に後に卒業の名曲となった「桜の花びらたち」が書かれたというのは今思えば凄い話だが、このさく食べも同様に、HKTがいよいよ全盛期に入っていこうかという一歩手前、未来への希望と期待で漲っていた2014年の初頭に出されたのだ。こんな事が出来る感性と才能に感心する。

ジョン・レノンの天才性が語られる時にいつも出てくる逸話に、THE BEATLESの全盛期、もっとも充実していた時期に「HELP!」という曲を書いたというのがある。それと似たものを感じる。





2位…初恋バタフライ
1443.png
去年に続いての2位。言わずと知れたHKT初のオリジナル楽曲だが、そんな物語や神格化はこの曲の評価にもはや不要と言える程の素晴らしい名曲である。
切ないメロディに儚い歌詞…当時平均年齢14歳の子供の集まりだったHKTの初めての曲がこれと知った時は驚いたが、彼女達が歌い踊った時にちゃんとアイドルとして華があるステージに化けるのだから恐れ入った。

1442.png
そして1番Aメロの最後の部分がちーふぁむ的においしい見所なのだが、初めてHKT劇場に入った博多レジェンド公演で、そこでちーちゃんの踊りのしなやかさ、美しさを知ったのだ。私にとってかけがいのない大切な思い出である。





1位…お願いヴァレンティヌ
0246804a.jpg
堂々の二連覇を達成。私の中でこれを超える神曲は今日までに出ていない。
もうここまでくると、良い曲だからとしか言いようがない。私は音楽に関して専門的な知識は何も無いしコードとかいうものも全く分からないのだが、きっとこういう半音の響きが美しいメロディが好きなのだと思う。

C360_2014-02-03-17-40-20-822150201.jpg
DSC05161.jpg
そして日本アイドル史の至宝とも言えるチョコレート衣装…衣装の博物館とも言える48グループ歴代の素晴らしい衣装群の中でも、これを超えるものを私は未だに知らない。
この神曲を2014年のリクアワと全ツの富山公演、二度も神席で観る幸運に恵まれた。この素晴らしい思い出がまた、この曲の私の中での価値を不動のものにしているのだ。





そして最後に、特別賞…夢ひとつ
30c07478160821.jpg
ここで多くを語る必要はないだろう。ただし、まだフルで聴いていないしMVも観ていないのでランキング対象外。
卒業曲を作ってくれたことにただ感謝。それだけだ…



というわけで「お願いヴァレンティヌ」の二連覇、しかも1位から3位まで去年とまったく同じ曲でした。
まあ私は熱しにくく冷めにくい典型の性格で、自分で十分に掘り下げて理解をしたものでなければ好きにならないし、「新しいから興味がある」という感性を持たない人間なので、こういうランキングは二年や三年では簡単に順位は変わらないのです。
自分の性格がよく表れた結果だと思っています。

それにしても…
もし今秋にHKTリクアワ開催、そのうちの一公演でもいいから関東でやるなんて事になったら、華麗に現場に復帰しますわw(これは本気)

(※「大人列車」には「ホーム」と「ベル」という語が出てきますが、これらは現代口語において無理に日本語に代えようとすると却って不自然になり、また名詞であることも考えて、この曲は広義に日本語だけで書かれていると言えます)





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1015.html

ちー活の思い出「哀」

chihiro160830a.jpg
かなちーちゃん…


ちーちゃんを推してきて哀しい思いをする。「怒」に続いて、そんなことがあるのだろうか?というところですが、それがあるんですよ。
そう、穴井プロに塩対応を喰らった時です笑笑
塩対応は言い過ぎですが、決して神対応、釣り対応ではなかったちーちゃん。言うなれば、自然体、淡々としている、くどくないから心地好い、こんなところでしょうか。

9b6f38a1.jpg
でも、一度だけ心が折れそうになったことがあります。
幕張メッセでのアリーナツアー初日のことでした。スタンド席でしたが、メンバーがゴンドラ巡回してくる通路から二列目という絶好の位置。そしてちーちゃんが来てああああ!

この通路から二列目というのは、本当にメンバーまで手が届きそうなくらいの至近距離でした。そしてそれだけでなく、ちーちゃんと目線の高さが完全に一致!
一列目でも三列目でもなく俺とちーちゃんが絡むための二列目ktkr

fe9a7fd5160903.jpg
ところが…
ところが…
目の前で同じ目線の高さで推しタオルを爆掲出、さらに全力でちーちゃんちーちゃん叫んでるのに、それなのに完全にスルーされた( ;∀;)
目も合わないとかおかしくない?( ;∀;)

しかもこの直前、連番のやんさんが同じように推しタオル掲出でめるから指差し神レスをもらっていただけに、余計に辛かった( ;∀;)

b7c0f435160903.jpg
これについてはちーちゃんがもも女で「こういう場面で近いと恥ずかしくて目が合わせられない」と語っていたのだが、「俺に対する言い訳をラジオで公開爆私信とか、千尋かわいいな」などと言っている余裕はこの時はなかったです(謎笑)

握手の時もちーちゃんは、真っ直ぐ手を伸ばしてしっかり握ってくれるというのではなく、へにょんと手を差し出す、という感じでしたね(^_^;
正直なところ、推しメンが神対応の人を羨ましく思った時期もありました。
しかし、そんな修行時代(?)を経て、私の考えは変わっていきました。



もっとファンに我儘を言ってもいいんだよ、自分達を頼って欲しい、思っていることをそのまま言葉で伝えて欲しい…
こんな言葉を受けてアイドルが発信する。私に投票して下さい、皆さんの負担になるのは分かります、それでもお願いします!
その結果投票の順位が上がり、仕事を獲得する。もう何度も見てきたことですが、私はこんなやり取りに違和感を覚えます。これこそがおいしい上客の典型、思うつぼだというのもその理由の一つにありますが、今更それを言い出すときりが無いので、ひとまずここではどうでもいいです。
違和感の正体は、どうしてそうやって推しメンを型にはめようとするのかという疑問なのです。

以前にも一度同じ事を書いたような気もするのですが、これがグループの中で上へ行くためにもっとも合理的で最短の道だからでしょう。でも、どうしてこぞってそのレールの上に乗せようとする、自分の理想を押し付けようとするのか。
もちろん、当のメンバー本人が目下の目標をとにかくグループ内で上へ行く事と定め、そこへ向かって一意に邁進したいと思っているならそれこそが正義だし、それを前提にそういう子を応援するのは、当たり前ですが何も悪いことなどありません。

ff0a6d61160903.jpg
でも、皆が皆同じではつまらない。特に、もともと大人しくて自分から発信しないような性格の子を諭して型にはめようとするのは本当の応援ではないように思えます。
そういう性格ならばそれがその子の自然体なのであって、色々なやり方のメンバーがいるからこそ大人数グループの面白さがあるわけです。そして、どういう子でも必ず輝ける場所があるのが48グループの懐の深さではなかったのか。

メンバーの個性や人柄、素の行いを尊重し、その上でその子がグループの中で存在感を発揮するのを共に喜ぶのが応援だと私は思います。

14338422327170903.jpg
自分からぐいぐい前へ出ない、ガツガツしない、それでも結果が付いてくる、人気が徐々に上がっていく…皆が皆こうなら最高ですが、実際にはそんな事は無理ですよね。綺麗事を言っている間に干されたまま終わってしまうかも知れません。
でも私はそういう人に惹かれるし、型にはめて無理矢理押し上げても何の喜びも達成感も感じないでしょう。だから、それを実現したちーちゃんを尊敬するし、日を重ねる毎により強く惹かれるようになっていったのです。

だから私は、対応が良いとか悪いとか、順位がどうだとか、そんなちっぽけな事はやがてどうでもよくなって、ちーちゃんの素の人柄に触れることに何より喜びを見出すようになったのです。



話が大分逸れてきたので「哀」に戻しましょう。
穴井プロの塩対応自然体対応の他にヲタ活における哀しかったことを挙げるならば、何といっても2013年11月からの悪夢の干され期間です。

87.png
公演に投げても投げても全く当たらず、何と七ヶ月間も落選し続けたのです( ;∀;)
野球のない時季だからヲタ活を厚くしたいのに逆とか( ;∀;)
今振り返っても、よくこの期間に心が折れなかったものだと思います。
もはや今となっては哀しいというよりも、あれは一体何だったんや…と不思議に思いますね。

その結果、まだ選抜メンが沢山出ていた頃のパジャドラ公演を一度も観られなかったのは残念でした。

86.png
何の変哲もない平日にこんな面子でひまわり組公演が行われたこともあったんですよ。今では考えられないことです。

dac77580160903.jpg
でもこれに関しては、2015年にたった二回しかなかったちーちゃん出演のパジャドラ公演に二回とも入ることが出来て、取り返しました。あの時は、借りを返してやったぜ、という心境でしたね(笑)

あとはやはり、ちーちゃんの出るただいま恋愛中公演を観られなかったことですね…

1152160304.png
そして、たった一回しかやらなかったちーはるの「春が来るまで」。
私の知る限りでは、HKT48の長い歴史の中で劇場公演でちーはる二人のユニットが実現したのはこの一回きりではないでしょうか。
そういう意味では、ちーふぁむの中でこのただ恋初日公演に入った人は羨まし過ぎます。神です(笑)

だから私としては、卒コンでちーはるユニットが見られたことが何より嬉しかったし、あのユニットを実現させてくれたことに感謝しかありません。
まあただ恋公演に関しては、そもそもちーちゃんが三回しか出なかったのだから仕方ないといえば仕方ないのですが(しかもその三回が初日公演および卒業公演の直前とかw)、推しメンが一番好きな演目に出る姿を観られなかったのはやっぱりヲタクとしては無念ですね。
いや、それでもちーちゃん不在ながらも遠征二回という謎展開でHKTのただ恋を二回観られたのが幸運だったと捉えるべきなのでしょう…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1017.html

処分

DSC07279.jpg
先日、これまでに買った雑誌のうち、ちーちゃんが載っていないものを全て処分しました。

DSC07268.jpg
本棚が一段丸々空きました(笑)

DSC07261.jpg
一番古い物はこれでした。2011年の秋に発売されたものなので、ちょうどHKTが活動を開始しようかという頃です。当時の私はHKTについては「新しい妹グループのHKT48が活動を始めるらしい」と伝え聞いていたくらいで、ちーちゃんに関してはまだその名前すら知りませんでした。
そう考えると感慨深いものがあります。

DSC07262.jpg
私の手元にあったものの中で、初めてHKTメンバーが載ったのはこれでした。同じく週プレの48グループ特集号で、ちょうど一年後に発売されたものですね。
ここに早くも載っているさくらは凄いのですが、あどけないただの子供!
これまた感慨深くなります。

DSC07263.jpg
初めてHKTだけで表紙を飾り、存在感を示したのはこれです。偶然にもこれまた週プレですね。メロン発売の頃ですから、これももう三年も前の話です。ただしこれにはちーちゃんは載っていません。

DSC07266.jpg
私が間違っていなければ、ちーちゃんのグラビアが初めて雑誌に載ったのはこの時期だと思います。2013年の9月に発売されたヤンマガです。この頃のちーちゃんまだJKやった…
漫画雑誌の巻末なので僅かな頁数ながら、デュフフな水着グラビアとかわい過ぎる浴衣姿が掲載されています。
もちろんこれは処分せずにとりあえず保存版です。

ちーちゃんが載っていなくともアイドル雑誌のHKT特集などはちょっと捨てるのがためらわれました。特にBOMBは写真が綺麗で純粋にアイドルグラビア誌としての価値があるのですが、そんなことを言っているとキリがないのでやはりちーちゃんが載っていないものは潔く処分します。
みおのどどーんなクリアファイル(未開封)とか誰かいります?笑

DSC07265.jpg
引き続き手元に残すもの、つまりちーちゃんが載っている物だけでもこんなにあります。自分で思っていたよりも多かったです。これらは去年から急速に増えたのであって、それ以前のものはごく僅かしかありません。

ちーちゃんのグラビアといえばヤンマガ専属モデルの印象がありますが、あれは例によって詐欺のようなものだったので、実は数冊しかありません。つまりその他は全て自力で掲載されたものです。そういう意味でも、穴井千尋卒業は客観的に見ても勿体ないことだったなあ、なんてことも思ってしまいます。

DSC07269.jpg
ちーちゃんが載っているものだけを本棚に戻したところ、ちょうどぴったり一段に収まりました。もう二度と増えることはないから、収まりが良いというんでしょうかね。



…ん?

DSC07267.jpg
これは…笑





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1006.html

ちー活の思い出「怒」

「喜」に続いては「怒」です。
ちーちゃんを推してきて怒りを覚える、果たしてそんなことがあるのだろうか。そう考えた時に、これはちーちゃんが直接絡むというよりはもう少し大局的に、秋豚や運営への怒りということになってきます。
しかしこれに関しては、これまでに星の数ほどの悪行があり、連綿と繰り返されてきたものですから、いちいち掘り返していたらそれこそキリがありません。

また、これについては怒りの感情もさることながら、こんな奴等を野放しにするのは問題がある、社会正義の観点から糾弾せねばならないというように、どこか一歩引いて客観的に見ていた部分もありました。
最近ではすっかり丸くなってしまいましたが、一時期はこの事がブログを続ける原動力となっていたと言っても過言ではありません。

20150808182804.jpg
そんな中でここで一つだけ取り上げるとすれば、ちーちゃんがより深く関わり、それ故に不愉快な思いもいつも以上だった「水の中の伝導率」のステージ披露がまったく無かった件でしょう。

o0800058013549273267.jpg
たった一回だけ披露されたのはリクアワでした。
今や総選挙は汚い多重集金イベントでしかないとこれまでも散々批判してきましたが、これも典型の一つです。推しメンが総選挙で躍進してなんとかガールズに入ったところで、リクアワでもう一度金を積まなければその姿を見ることは出来ないのです。
「水の中の伝導率」は確かにステージ映えする楽曲ではなく、むしろMVありきの曲でした。が、それは結果でしかありません。

豚や運営どもにとって、総選挙は投票券を売った時点で全てが終わっているのです。だから後はどうでもいい。
年々この事が顕著にそして醜悪に形になってきたわけですが、去年のこのステージ披露放棄はまさに決定打と言えるものでした。今年も春が過ぎたあたりから盛んに総選挙なんか投票するものじゃない、長い目で見ればメンバーの足を引っ張る愚行だと叫んできましたが、全てが終わった私にとってもうそんな機会もなく、どうでもいい事になってしまいました。
後に残るのは変わらず繰り返される守銭奴、嘘つきの悪行と、それに騙されて何の意味もなく浪費される無駄金だけです。

CLz23f5UwAAttbK.jpg
先日のツアー千秋楽でも同じ事を感じましたが、そんな愚行とちーちゃんがステージの真ん中に立つ場面が重なってしまったことが無念でなりません。

それにしても、一度でいいからちーちゃんが16人のセンター、「自分のオリジナルポジションとしてのセンター」に立つその姿、見てみたかった…





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像







引用元 : http://hanhan48.blog.fc2.com/blog-entry-1014.html