「手」カテゴリーアーカイブ

下野さんの武器は手を振ること ~2013年5月27日 博多レジェンド公演~

下野由貴の手 201305285月27日の博多レジェンド公演をDMMで見ていて、「ああ、しなもんらしいなあ」と思ったのがこの一枚。未来の扉の曲中のワンシーンだ。

え?どこにしなもんが?映ってるのってちょりとあーにゃとあおいたんじゃん…。

いやいや、画面向かって右側で振られてる手、これは間違いなく下野さんの手だ。立ち位置的な判断から間違いないというのもあるが、指の長さだったり、そもそも手を振るという行為そのものが、公演やライブにおける下野さんの武器であるのは間違いない。

例えば武道館最終日のグループ総出演公演の中から。

ナギイチ スキ!スキ!スキップ!

下野さんが抜かれたシーンはそんな多くないのだが、映ればこのように手を振っている。そして、偶然か必然かわからないけれど、振っているのは彼女だけなのである。もちろん、HKT48単独の日も彼女は手を振りまくってた。それはもう、彼女の立ち位置と真反対側の席に居座っていた俺が、苛立つくらいに(笑)。

レジェンド公演においても、手を振る頻度はハンパない。また、マイクを客に向けるなどの煽りパフォーマンスも積極的に行なっている。下野さん自身がアイドルが好きで、DVDなどを見てるからだろうか。そのあたりの動作は、他のメンバーと比べると抜群にうまいなあと思う。

俺はただのおっさんだ(今更?w)。だからアイドルの気持ちなんてわからないけれど、これってものすごく勇気がいることなんじゃないかと思う。おっさんの現実に即して言えば、会社に出社したときに、「おはようございます」というのは、当たり前の行為だ。当たり前だから、挨拶するけれど、必ずしも、全員が「おはようございます」と返してくれるわけではない。返してもらえないときのあの切なさは、結構、傷つくもので、うちの会社の新人も2年目、3年目になると、挨拶が雑になってくる。

下野さんが手を振っている対象は、きっと自分のファンとは限らないだろう。だから、手を振ったところで、振り返してもらえる保証も、そもそも、そんな姿を見てもらえる保証もなく彼女は手を振っているのだろう。肝っ玉の小さい俺から見ると、怖くないのかなあと心配すらしてしまう。

そんなものが怖くてアイドルが務まるか!

ごもっともではあるんだけど、臆することなく、手を振り続けることが、いつか、大きな財産になればいいなあと思う。ちなみに、俺が、しなもんを1推しにするキッカケになったのは、公演で、ガッツリ目があって、その目に吸い込まれたというのが理由の8割である。笑っ

アイドルとして当然の所作を当然のように行うということもきっと難しいことだと思う。手しか映ってない数秒の尺で、ニヤニヤしながら、彼女の魅力を再認識することができたという備忘。

The post 下野さんの武器は手を振ること ~2013年5月27日 博多レジェンド公演~ appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.