「後悔」カテゴリーアーカイブ

二周年を迎えるにあたって俺が思うこと

下野さん、そして、他のメンバーのみなさん、二周年、おめでとうございます。

俺は、このブログで何度も書いているように、HKT48に興味を持ったのは、指原さんが移籍してからです。だから、HKT48の歩み、下野由貴さんの歩みは、2年ではなく1年と5ヶ月しか見ていません。7ヶ月の空白があります。

もっとエグい話をすると、西武ドームでHKT48のお披露目があったとき。「へー、博多にもできるんだー」とホームページを見て、プロフィール一覧を見て、ブラウザを閉じました。そう、興味が全く湧きませんでした。端的に言えば、「顔が好みの子いねーなw」。そんな感情で、バッサリ切り捨てました。

そして、俺がはじめて、HKT48の公演を見たのは、2012年7月18日のこと。すごく後悔しました。もっと早くから、このグループを見ていれば良かった、なんであのとき、ホームページをみて、”そっ閉じ”してしまったのだろうと(その10日前に下野さんとはじめて握手したときにもそう思いましたが)。ひたむきに、キラキラ輝く姿なんて、ホームページの宣材なんかじゃわかりゃしないんだよね。

今でも、俺は、その空白の7ヶ月を激しく後悔しています。下野さんについては特に。1度でいいから、バーコードを演じる下野さんを生で見たかったです。生でなくてもいい、受注生産で30,000円でもいいから、当時の映像をDVDで出して欲しいとか、勝手なことを思っていたりします。

こんな後悔も、まだ、2周年だから思う話なのかなあ。7ヶ月/24ヶ月と考えれば、俺の後悔度数は約30%。これから、下野さんが、HKT48が活躍して、例えば、5年を迎えれば、7/60=約12%になり、10年を迎えれば、7/120=約6%までに薄まっていくと思うんです。決して、ゼロになることはないけれど、取り返せない、どうやっても埋め合わせできない7ヶ月はもうどうしようもないので、これから続く、下野さんの歩み、HKT48の歩みに、ファンという立場で、ついていけることを楽しみに、そして、誇りにしていきたいです。

アイドルグループとしてのHKT48が、1人のアイドルとしての下野由貴さんの益々のご発展とご活躍、心から、お祈り申し上げます。

って、お祈りなんかしたって、あんま、意味ねーか。俺にとっての神様は、生身のアイドルなんだし。だから、全力で応援し続けます。

The post 二周年を迎えるにあたって俺が思うこと appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.