「出版物」カテゴリーアーカイブ

Would say what if he had if

ここ最近は公演もないし時間に余裕が少しありまして、とある漫画を読み返しておりました。

読んだらいつも泣いちゃうその作品。

その作品の主人公の彼(彼女)だったらはるっぴに何て声をかけるんだろう?
じゃがりこ大好きおじさんは何て声をかけるんだろう?
TOの先生は何て声をかけるんだろう?

漫画のストーリーや台詞は変わることがないのに読み手の心情でここまで感じ方が変わるのか
という発見がちょっとした驚きです。

ちなみに作中で彼(彼女)ははるっぴと
image

image

image

このようなやり取りをするわけですが、
当時、この彼(彼女)がはるっぴを指導(?)する姿や
はるっぴが奮起した姿に微笑む彼(彼女)に指原さんがダブって見えました。


もし彼(彼女)が本当にいたら…
そう妄想するだけで何だかはるっぴが元気になってくれるような気がしちゃうくらい
本当に周囲のみんなに元気をくれる主人公です。



そもそも時間があるからという理由だけでこの作品を読み返した訳でもなくて、
ここ数日、暖かい日が射していい天気なんですよね。
でも、はるっぴの休養宣言ツイート以前の私にとって心の中はしとしととした雨模様で
ツイートを受けて精々雨がやんだくらいのまだまだ曇天。
そんなことを思ってたら無性に↓が読みたくなったのです。

作中、ある事の為に主人公の彼が雨の中ベンチで泣く場面があるのですが、
そこに現れるじゃがりこ大好きおじさん(某プロデューサー)が
「良い天気だな」
「良い天気の感じ方など人それぞれさ」
「涙を隠すには最適だ」←
image


やすす(あ、言っちゃったw)のクセにかっこよすぎ!!


そしてこの作品でいつも私の涙腺を決壊させるヲタ教師
教え子が二人揃ってAKBのWセンターとか、それだけでも裏山なのに
主人公推しとして神ヲタ過ぎて尊敬!
最終回の1個前の先生、泣ける・゜・(つД`)・゜・

というわけで私の泣ける漫画ベスト3に間違いなく入るこの作品
作品画像を貼ったわりにタイトル名はあえて言わないという
普通のアフィブログとは一線を画す私w

興味が出た方は是非おすすめ!
漫画喫茶へGO!w

あ~はるっぴ読んだことあんのかな?
いつか個別で訊いてみよっと♪

引用元 : http://haruppi.doorblog.jp/archives/49565180.html

Would say what if he had here

ここ最近は公演もないし時間に余裕が少しありまして、とある漫画を読み返しておりました。

読んだらいつも泣いちゃうその作品。

その作品の主人公の彼(彼女)だったらはるっぴに何て声をかけるんだろう?
じゃがりこ大好きおじさんは何て声をかけるんだろう?
TOの先生は何て声をかけるんだろう?

漫画のストーリーや台詞は変わることがないのに読み手の心情でここまで感じ方が変わるのか
という発見がちょっとした驚きです。

ちなみに作中で彼(彼女)ははるっぴと
image

image

image

このようなやり取りをするわけですが、
当時、この彼(彼女)がはるっぴを指導(?)する姿や
はるっぴが奮起した姿に微笑む彼(彼女)に指原さんがダブって見えました。


もし彼(彼女)が本当にいたら…
そう妄想するだけで何だかはるっぴが元気になってくれるような気がしちゃうくらい
本当に周囲のみんなに元気をくれる主人公です。



そもそも時間があるからという理由だけでこの作品を読み返した訳でもなくて、
ここ数日、暖かい日が射していい天気なんですよね。
でも、はるっぴの休養宣言ツイート以前の私にとって心の中はしとしととした雨模様で
ツイートを受けて精々雨がやんだくらいのまだまだ曇天。
そんなことを思ってたら無性に↓が読みたくなったのです。

作中、ある事の為に主人公の彼が雨の中ベンチで泣く場面があるのですが、
そこに現れるじゃがりこ大好きおじさん(某プロデューサー)が
「良い天気だな」
「良い天気の感じ方など人それぞれさ」
「涙を隠すには最適だ」←
image


やすす(あ、言っちゃったw)のクセにかっこよすぎ!!


そしてこの作品でいつも私の涙腺を決壊させるヲタ教師
教え子が二人揃ってAKBのWセンターとか、それだけでも裏山なのに
主人公推しとして神ヲタ過ぎて尊敬!
最終回の1個前の先生、泣ける・゜・(つД`)・゜・

というわけで私の泣ける漫画ベスト3に間違いなく入るこの作品
作品画像を貼ったわりにタイトル名はあえて言わないという
普通のアフィブログとは一線を画す私w

興味が出た方は是非おすすめ!
漫画喫茶へGO!w

あ~はるっぴ読んだことあんのかな?
いつか個別で訊いてみよっと♪

引用元 : http://haruppi.doorblog.jp/archives/49565180.html