オタ活スタイルの変化を感ずる日々

GWを過ごしているうちに,気付けば5月に突入
そんなGWも今日でホントにおしまい,明日からは日常が戻ってきます…
握手会などのイベントがかなりたくさんありましたが
私は全く握手券を買っていなかったため在宅を決め込んで
羨ましいなぁなんて思いつつ,海沿いをドライブしたり友人と遊んだりしておりましたw 
DSC_0006
私事ではありますが,実は私ハリスン,今年4月から新社会人として
愛知県内の某T自動車系企業に技術職として就職いたしました
(自動車好きとして,その自動車にダイレクトにかかわれる世界に入れたのはホントに幸せです)
引っ越ししたり,それでネットが無くなったりしたのもその関係だったりします

大学生から社会人となって,立場も住む場所もやることもなにかもガラッと変わりました
もっと具体的に言ってしまえば,いただける給料そして自由な時間が大きく変わりつつあります

大学生は,よっぽどのスーパーアルバイターか大富豪・研究室廃人でない限り
大なり小なり「金はないけど時間はある」人ということになります 
0d2a64a40ebcdb5727825875f4f5b4ac
3月までの計4年間にもわたる私もまさにこれで,金欠という理由で
どれだけの握手会やコンサート,劇場公演を諦めたかわかりませんw
また,自分のヲタ活のそもそもを顧みていくと
「自分は握手券をたくさん買って支えるようなことは出来ないけど
でも沢山ある時間を使って,自分しかできん方法でわかちゃんを応援したい」

という気持ちを形にしたものが当ブログだったりします
つまるところこのブログとは,どっかの長ったらしい曲のタイトル風に言えば
「金はないけど時間はある僕が君の為にどう頑張れるか
僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」
だったわけです
今思えば,大学生のあの時期だからこそ始められたブログだなと感じますが…(笑)

そんな「貧乏暇だらけ」な日々が社会人になると一気にガラッと変わろうとしています
初任給がまだ入ってない現時点では給料のデカさっていうのはまだ目にしていませんが
(初任給が入るまでの今の2ヶ月弱は学生の時よりも生活はカツカツですww)
学生時代には到底届くことなんてないくらいの結構な金額が入ってくることになります
増してや就職した会社は残業土日出勤も多いT自動車系
「?!!」というほどの給与明細になったりすることも多いとのこと
将来的には「遠征するお金はあるけど時間がない!」という
これまでとは正反対の境遇となるのかもしれません

ときたま社会人のオタの方が
「行けるかどうかまだわからんけどとりあえず握手券買っとこ」と言うのを見て
「行けるかどうかもわからんのに買うのかよ…(((( ;゚д゚)))」と戦慄した覚えがありますが
急な出張や土日出勤とかもあるわけで,何か月先の予定なんてわかるはずもなし…
とはいえ買える余裕はあるわけでじゃ買っとけとなるのかなぁと
ようやくその意味が分かったような気がしますw
人生早断2人生早断5
さて,生活やヲタ活スタイルの大きな変化の予感を感じる中
正直,これまでのように時間をかけて記事を書いていくという
これまでのスタイルでやっていけるのかなぁという不安もあります

私は,よっぽどの緊急速報の時でない限り
基本的に書く内容を,使う画像なども含めてじっくりと考えてから執筆します
毎日更新の「量」を志向した時期もありましたが,遅筆家な私にはどうもそれは上手くいかず
その代わりに読者に満足してもらう情報と楽しさを持った1つの記事を仕上げていこうという
「質」の方に意識を向けていった結果の(長文になるという)スタイルです

これも時間が有り余ってる学生だからこそ成り立ってた部分があります
(事実,卒業研究で立て込んでる時期の更新率はヒドイものがありましたし…w)
限られたフリーな時間を,いかに効率よくブログ制作に充てられるか
そしていかに記事のクオリティを維持した状態で納期(更新頻度)を挙げられるか
つまり一個の記事を仕上げるスピードを上げられるのか…
ここが今のスタイルを維持していくためには必要不可欠なのかなと感じます
「QCD」というのを研修期間でも何回も何回も叩き込まれてきただけに
ブロガーとしてもQCD的観点からの不断のカイゼンを心がけていかねばなとw
わかちゃんのためにも,これから一層頑張っていきます!

しばらくは握手券も取っていないということもあって在宅が続きますが
余裕が出て来たら少しづつ握手活も再開していこうかなと思っています
現場で見かけた際は,気兼ねなく声をかけていただけたら幸いですw
78
さて,今週末の名古屋出張公演にわかちゃんはやってくるのでしょうか…?
久しぶりに生のわかちゃんを見たいんだけどなぁ…w

 

引用元 : http://isaidisaid.blog.jp/archives/59504878.html