パジャマドライブ公演に臨んで思うこと

こんにちは、博多行きの新幹線の車内なう。仕事もひと段落したのでちょっと息抜きにこの記事を書いています。
列車は今回も順調に博多までの距離を縮めていますが、今かなり複雑な心境でいます。ちょっと今思っている事をここで書いてみたいと思います。



怖い。正直なところ今回ばかりはHKT劇場へ足を運ぶのが怖いです。
以前からいつも思っていることなのですが、公演でも握手会でも大箱のイベントでも、楽しければ楽しい程終わってしまった後は寂しいものです。神イベントならばより終演後の喪失感は大きい。

久し振りに滅多なことでは味わえないような幸せな、そしてだからこそ終わった後の喪失感もひときわ大きい超絶神イベントを経験しました。
全国ツアー最前列。僅か三日前のことで、まだ生々しい記憶が残っています。
これまでの経験から、このレベルになると終演後の喪失感に耐えられるだろうかと心配になりました。そしてそんな喪失感を埋めてくれる要素はたった一つしかありません。それこそが次のヲタ活の予定、またはモチベーションです。

全ツ最前は本当に終わった後に抜け殻になってしまうんじゃないかという危険なコンテンツだったので、前日にパジャドラ当選の報を受けた時は嬉しいというよりも救われた思いでした。三日後にパジャドラ遠征あるよ、と思えばそれが心の支えになってくれるからです。
でも、実はこれはその場限りの儚い延命でしかありません。パジャドラ公演が終わった後はもっと大きな喪失感に襲われるのです。それも、全ツからの期間が短かったので喪失感が一気にまとめてきそうです。



何故そんなに暗い方向にばかり考えるのか。ヲタ活を続けていればそのうちまた同じくらいの神イベントを体験できるよと思われるかも知れません。
でもね。
パジャドラを観てしまうともうその先の「ヲタとしての叶えたい目標、願望」が殆どなくなってしまうんですよ。

つい先日も同じような事を書いたばかりなのですが、チームHの演目が最終ベルに変わったからなるべく早く観に行きたいとか、ちーちゃんの生誕祭に入りたいとか、バレンタイン公演を当てて是非とも観に行きたいとか、ちーちゃんの出るパジャドラをあと一回くらいは観ておきたいとか、どんなネタでもいいからそうやって次の目標があればこそヲタ活を続けるモチベーションが保て、気持ちに張りを保てるわけです。
それが今日のパジャドラを観てしまうといよいよそんなネタももう尽きます。分かりますか、一つのイベントが終わってしまうこともさることながら、これこそが恐ろしい喪失感の正体なんです。

果たして今日の終演後、本当に抜け殻になってしまってモチベーションを失い、そのまま自然消滅的にヲタ卒に向かうのでしょうか。それともまた何か新しい道標が見つかるのでしょうか。一気にヲタ卒に向かうのもそれはそれで悪くないですが、自然消滅的な終わり方はやはりちょっと寂しいですね…やっぱりヲタ卒する時は潔く、笑顔で、手を振って、メンバー達に思い切り感謝しながら終わりたいですよね。



まあそうは言っても、そんな暗い事ばかりを考えているわけではありません。今日の公演を楽しむ準備は出来ています。終わった後のことばかり考えて目の前の公演を存分に楽しめないなんてまさに本末転倒。こんな馬鹿な話はないですからね。
ちーちゃんが出演する劇場公演を観るのはこれで八回目ながら、パジャドラは二回目。それも去年の5月以来のことです。そしてパジャマドライブは公演自体がとにかく大好きなセトリなので本当に楽しみです(^^)
これで曲目の差し替えなどという愚行さえなければ文句なしなのですが…
(曲の差し替えがいかに愚かな行為であるかは過去の記事に書いたのでそちらに譲ります)

そしてちーふぁむ的にはパジャドラでの一番の沸きどころは何といってもここ。「2人乗りの自転車」の1番Bメロです。
ここでのちひろコール(しかも8連打てる!)を考えただけで今からもう胸熱w
ここは全身全霊全力最大声量で沸きますわ。血管切れるんじゃねえかっていうくらいww

その次は自己紹介MCだしユニット曲(純情主義)はコール箇所はあるものの沸くというよりは観賞向けの曲だし、この2人乗りの自転車のちひろコールで疲れ果て床に倒れて命が消えても僕は後悔ない(え
ちひろ君の名前を何度呼べば届くの?(続くのかよ
お見送りの二人目に君がいるはず(ゆかちゃんがいるからね
AH 愛だけがヲタ活の理由さ(モチベーション保てないんじゃねえのかよ







あっ、そろそろ降りる準備しなきゃ(^_^;
ではまた後ほどお会いしましょう。





にほんブログ村 芸能ブログ AKB48へ
にほんブログ村

AKB48 ブログランキングへ
ブログバナー用画像