紅白 「メロンジュース」雑感

先程22時に仕事から帰宅し、とりまオープニングのメロンジュースをチェックし、
以降の出演部分をザッピングしながらアップしています。

私自身が紅白をろくに見てこなかった視聴者層なので、例年の紅白のオープニングの様子など
全く知らないのですが、この国の多くの国民が「紅白を見ないと年を越せない」
と思っている番組ですので、そのオープニングに「投入」されたって事は大役を任されたって事。

もちろん、中学生メンバーが多いって事も早目の順番になった理由だけれど、
MCの吉高由里子さんが言ったとおり、勢いをつける役割っていう面も大きかった。

47人フルメンバーでの参戦で、例え映る時間は短くても、
今日ここにHKT48として立てた経験が一番の宝物になる。

スパイラルのフォーメーションからさっしーアップからの早替え
奇をてらわずにそれでも印象に残る演出で好感が持てる2分間のパフォーマンスでした。

一年で最後のお祭
参加することに意義がある。
(↑この事について思うことは年明けにでも)
色々チェックしてたら朝まで眠れないかも。


それでは今年も一年間、ありがとうございました。
来年は自分の活動を見直して効率のいいヲタライフにしたいと思います。
では!