もう少しで50回を迎える「下野さんじゃんけん」についての問題提起

お客様の声

毎日下野さんとじゃんけんをしているおかげで、「ぱちスロAKB48」の「じゃんけんBONUS」で3連勝できるようになりました(東京都・男性・36歳)akb_rb

毎日下野さんとじゃんけんをしているおかげで、「ぱちスロAKB48」で初めて青7を引いて、博多までの新幹線往復分の電車賃が確保できました(東京都・男性・36歳)

どうも。今日はパジャマドライブ公演だというのに、パチ屋で、「ぱちスロAKB48」を打ってたクソです。なんとかDMM生配信までには終わらせようと思ったのに、上記のように、今までにありえないヒキを魅せてくれまして、お財布の中身がヌクヌクしてます。

まあ鈴懸の劇場版で大半消えるんですけどね(ヽ´ω`)

さてさて、下野さんがぐぐたすでやっている「じゃんけん」ですが、早いもので、もう50回になろうとしています。今日、いつもどおりじゃんけんがあるならば、47回目。おや、47(しな)もん回ですな(笑)。そんなダジャレはさておき、あと3回でめでたく50回を迎えることになります。

一応、下野さんが出した手すべては毎日記録しています。すいません、厳密に言えば嘘ですね。数日分まどめてドカっと更新してたりしますが、一応、全記録はSkyDriveで管理していたりします

で、そろそろ、50回を迎える下野さんジャンケンですが、正直、みなさんにとって、どういう位置づけになってきているのでしょうか。下野さんのぐぐたすのコメント欄には、「毎日ありがとう」みたいなコメントもありますし、下野さん自身も一昨日のぐぐたすで「握手会でじゃんけん楽しみにしてる人がたくさんいて嬉かったよー。」という感想を言葉に残していますが、その半面。

ネガティブな要素もいくらか発生しているんじゃないかと思うんですね。ぶっちゃけ、「飽きた」と思っているファンも少なからずいらっしゃるでしょうし、それに、コメント数(=参加者)が一向に増えてこないという問題があるんじゃないかと思うんです。端的に言えば、500コメ埋まる気配がしないんです。

下野さんがじゃんけんを続ける理由は、500コメを目指しているからではないと思うんですが(それこそ楽しんでるだけだと思う)、それでも、辛辣なことを言ってしまえば、現状、200コメそこそこの状態が続いていますが、企画物として、これはアリなのかどうかを、もう一度、考える必要があるんじゃないかと思います。

でも、俺自身の気持ちで言えば、じゃんけんをすること自体は、俺も楽しいし、俺自身は特に飽きたという気持ちも持っていません。むしろ、いつも、公演や握手会やレッスンやボイトレをこなし、学校生活もこなしている下野さんだって、いつも疲れているなかでじゃんけんをするという事自体、俺は、普通に下野さんを尊敬しているし、俺が、10月24日から、1日も欠かすことなく、ブログを更新しているのは、そんな下野さんへの尊敬の念を込めて続けています。続けることの楽しさや辛さを、少しでも共有したいという・・・まあ、気持ち悪い自己満足でしかないんですが。

って、俺の話はどうでもいいんです。下野さんががんばっているからこそ、俺はあえて声を大にして言いたいんです。
もっと評価されて然るべきだ、と
その評価の具体的なアウトプットは、やはり、参加者が増えること以外にありえないんだと俺は思います。コメント欄や握手会で手応えを感じるのは、率直に言えば当たり前です。だってファンだもん(笑)。そりゃあ、下野さんに喜んでもらえるような言葉のひとつもかけたいじゃん。下野さんが「嬉しいな」「これからも続けようかな」という言葉を選んで、こっちは発しているわけだし。

ただ、数字で考えれば、簡単な話です。1日のじゃんけんの参加者が200人なのに対して、下野さんのGoogle+のフォロワーは48,000人もいるわけです。すなわち、下野さんのじゃんけんに参加する人の割合は200/48,000=0.4%・・・。

あんなにがんばってんのに0.4%ってどういうことやねん!深夜番組の視聴率か!?

ていうか、残酷な言い方に変えましょう。

あんなにがんばってんのに、99.6%の人間にシカトされるってどういうことやねん!

すごく納得がいかないといえばいかないんですが、この現状を変えるためには、おそらく、3つの問題点をクリアする必要があるんじゃないかと考えます。

  1. 勝っても何も出ないこと
  2. 時間帯の問題
  3. あのじゃんけんの知名度

1の解決策は、俺はたった1つしかないと思うんです。勝った人に「プラス1」すること。そういう餌をくばる必要があると思います。

2については、難しい問題だと思います。1日の最後をじゃんけんで締めくくりたいというのは、推しバカ目線で言えば、俺は、下野さんの優しさだと思うんです。だから、「ぽんっ」の時間を変える必要はなくて、「じゃんけーん・・・」の時間をもっと早めればいいのかなあと思います。現状の「じゃんけーん」から「ぽんっ」までの時間が30分であることが、参加者の低迷に繋がっている側面は否定できないと思います。

実際、「じゃんけーん」22時30分という時間は、微妙といえば微妙なんです。下野さん推しの年齢層って高めだと思うんですが(笑)、寝てしまっている人も少なからずいらっしゃるでしょう。若い大学生さんあたりのファンの人は、もりもりとアルバイトをしている人も多いと思います。あとは、暇人であっても、テレビでドラマを見ていたりお風呂に入ってたり、なんか、割りと、みんな、それぞれに事情を抱えている時間帯のような気がします。

でも、それは何時に設定しても同じ問題であるとは思いますが、本当の問題は「22時30分」であることではなく、「じゃんけーん」から「ぽんっ」までの時間が「30分」しかないから、いろんなライフスタイルを持つ人たちに対応できないことが問題だと考えています。

だから、単純に、それこそ、例えば、21時に「じゃんけーん」をして「ぽんっ」は23時のままに設定して2時間という期間を設ければ、もっと参加者は増えるんじゃないかなーって。要するに、門戸を広げれば、参加者は増えるだろうという単純な理屈です。

もちろん、2時間にすると、自分が何を出したか忘れてしまう人も多いと思いますが、その解決策は、実は、勝った人に「プラス1」で補えると思うんです。何を出したか忘れていたとしても、何か手を出してから寝てしまっていても、「プラス1」がついているかいないかで、勝敗を把握できるわけだから、非常に便利。

最後に3の問題ですが、これは、なにかあのじゃんけんに名称(いいんですよ、しなもんジャンケンとかベタベタなやつでも)をつけることで、あの企画を呼びやすくすることで認知度をブーストさせるか、あとは、もう、サザエさんばりに下野さんがひたすらじゃんけんをし続けることで、認知度を植え付けるか、どちらかのやり方で解決できると思います。

俺なりに、改善案をいろいろ考えてみましたが、こんなブログで、ああだこうだ言ってる暇があったら、本人に直接言えよって話だと思います。握手会で競馬の予想なんかさせてる暇があったら、こういう話の一つでもしてこいよと思っている人もいらっしゃるかと思いますが。

現状を問題だと思うのかどうか、そして、解決したいと願うかどうかは、下野さんの勝手なんですよ(笑)。下野さんが考えて、毎日、続けている企画に対して、本人に偉そうにアドバイスするとか、俺にはできません。

じゃあ、この記事はなんなんだというと、俺は、下野さんのがんばりが数字として評価されないのは、すごく心苦しいから、俺なりに問題点を上げて、その解決策を考えたというただの備忘であるとともに、読んでくださっている方への問題提起です。

記事の件数やアクセス数に対してコメントが付かないことで有名なこのクソブログですが(笑)、今日だけは、もし可能であれば、下野さんのじゃんけんがこのままでいいのかどうか、みなさんのご意見をコメントで残していただけますと、大変ありがたいです。俺が感情的になりすぎているのかも知れないという懸念を持っています。

でも、誤解されたくないので、最後に、もう一度、言いますが、俺は、下野さんのじゃんけんは大好きです。あれがないと1日が終わった気がしません。うっかり寝てしまったとき以外は、これからも、毎日、じゃんけんに参加したいと思っています。

ほら、ギャンブラーとして勝負勘も磨けるし(笑)。

The post もう少しで50回を迎える「下野さんじゃんけん」についての問題提起 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.