Re:「下野さんじゃんけん」についての問題提起

今日、もし、じゃんけんがあれば#48。まあ、縁起のいい数字ですな(笑)。

さて、昨日書いた”もう少しで50回を迎える「下野さんじゃんけん」についての問題提起 “ですが、何か書き忘れていると思ったら、自分自身、あのじゃんけんをどう楽しんでいるかを一切書いてないことに気づきました。そのあたりの心理については、以前にも書いているので再整理します。

  1. 純粋に、アイドルと毎晩腹の探り合いができることが楽しい(笑)。
    [MEMO]ドM的下野さんじゃんけん論
  2. 過去の傾向などから下野さんが出す手を予想するプロセスは、競馬やナンバーズのような楽しさがある。ギャンブラーとして勝負勘が身につく。
    [定期]下野さんじゃんけんの傾向と対策~30回終了時のパターン~
  3. 自ら罰ゲームを設定したがために鈴懸の再販で握手券を100枚買うことになる(笑)。
    うわああああああああああああああああああorz

最後のはともかくとして、1番と2番は、俺にとっては完全に魅力的。2番はギャンブルをやらない人にはあまり響かない魅力だとは思うんだけど、1番は多くの人に共感してもらえるんじゃないかなあとか思うんだけど、いかがでしょうか。もちろん、押し付けるつもりもないし、楽しみ方はもっと他にもあると思うんですが、最近、じゃんけんに飽きてきたなあと感じる人や、まだ参加したことない人の心に少しでも響けば嬉しい限りです。

さて、昨日、あの記事を起こしたあと、ブログだけでなく、Google+でもフォロワーさんと少しこの件について、意見交換をしていました。また、今朝、ブログでもありがたいことにコメントをいただけましたので、客観性を持たせる意味で、他の方の意見を紹介させていただきます。

まずは、時間帯に伴う問題について。俺は、時間帯そのものが問題ではなく、「じゃんけーん」から「ぽんっ」までが30分しかないから、ライフスタイル的に参加できない人が生まれ、参加の機会が失われているのではないかと考えていました。他の方の意見を引用します。

  • 23時以降に参加しようとすると、答えが先に見えてしまう
  • 時間帯はベストだと思いますよ。ヲタが一番群れる時間帯。

集約すると、時間帯を固定するのであれば現状の時間帯はベストだけど、その時間帯に参加できないと、結果ありきの後出しジャンケン(それって楽しいか?)か、不参加にならざるを得ないんですよね。だから、俺は、やっぱり、「じゃんけーん」から「ぽんっ」までの30分という設定が良くないんじゃないかと思うんですが、ただ、他にも解決する方法は、もう1つあります。これも引用です。

  • 動画、音声にしてもらえれば参加率は上がります。

じゃんけんが写真とテキストだから、Google+の仕様上、新しい記事が上に来てしまいます。だから、たまたま、22時30分から23時に時間を確保できなかった人たちは、23時以降に、結果を見てから、後出しジャンケンをするなり、じゃんけんを諦めるしかないんですが、動画や音声であれば、再生するというアクションを起こさない限り、確かに、ネタバレが回避できるので、夜中でも翌朝でも翌日の日中でも、時間があるときに参加できるようになります。この方法であれば、時間帯を見直す必要はありません。

また、動画にすることのメリットもあります。これも引用です。

  • 静止画はインパクトがよわいから慣れますね

まぁ、今までの流れで、おそらく下野さんも気づいていると思うんですが、ヲタは動画大好きですからね(笑)。「企画をしたいんだけど」って下野さんが投稿を上げたこともありましたが、ヲタの動画希望率ハンパなかったじゃないですか。やっぱり動く姿が正義というかなんというか。俺個人は、ぶっちゃけ、動画より、かわいい自撮りなり、ちょっと長めのテキストを味わいたい派ですが、ニッチな需要ですよね(震え声)。

そこで、慣れの問題であったり、ヲタが何を求めているのかというニーズの問題に触れていこうと思います。俺は昨日、プラス1を餌にすればいいと書きましたが、他にも解決策はいろいろありそうです。引用します。

  • (自撮り)公演の髪型とかリクエスト聞いてもらう
  • 共有できるコメなり、萌える写真とか
  • 毎日は飽きるから月に何回かゲリラ的に開催とか、刺激がないとかな。
  • 野球拳とか刺激的♡

ある意味、動画も、飽き対策の1つには使えそうだと思うんですが、「じゃんけん」というゲームはいろんな表現ができると思うんです。その表現を少しずつ変えることで刺激を生むというのは、現実的な対策だと思います。

今でも、ゲストに他のメンバーと一緒にやるという変化はつけていますが、そのバリエーションが増えるとより飽きが来なくなるのではないでしょうか。

例えば「今日は動画にしてみました」。例えば「今日はリクエストのあった●●の衣装です」。そういう変化を入れる日が、1週間に1回でも2回でもあれば、あとの日は、今までどおりの通常運転であったとしても、こっちとしては「お!?」とか思うわけで。

例えばだけどさ、「今日は脚でじゃんけんします」とかあったら、脚フェチは大歓喜なわけじゃないですか。めっちゃ刺激的♥。野球拳は極端な意見だと思いますが、これも表現だと思うんです。本気で脱いだらいろいろとアウトだと思いますが、アイドルの野球拳の定番は「服を脱いだら、下も服でした」でもいいわけじゃないですか。これなら、何も恥ずかしくはないし、実際、公演でいつもやってることじゃん(笑)。

ていうか、自分が脱がなくたっていいじゃん、「負けたら脱いでください」。たった11文字で、釣り上げられるバカなヲタはいっぱいいると思います(笑)。

ちょっと脚じゃんけんとか野球拳が適切かどうかはともかく、じゃんけんというゲームを通して、もっといろんな表現はできるんだろうし、もっと、下野さん自身も遊べると思うんですよね。天国野郎のMCでお客さんを巻き込もうとするあの精神があるんだったら、俺は、もっと、じゃんけんでいろいろ俺たちを楽しませてくれるんじゃないかと正直期待をしてしまいます。

で、そういう変化を生んだ先には何が待っているのかというと、これが最後の引用になります。

  • やっぱり広い層にうけないとなかなか難しいんですよね
    どこかで火がつくと一気に伸びるんですけどね
  • 500コメくらいすぐそこ 自信を持ってやれば、私達ヲタは、どこまでもついていくぞー

結局なんですけど、時間帯の件も、餌の件も、表現の件も、どんなやり方が、ヲタの心に刺さるかなんてわからないじゃないですか。いろんなファンがいて、その人たちが、下野さんの何を見たいのか、何を知りたいのかなんて、価値観はまさに多種多様。もちろん48000人の下野さんのフォロワーの中には、下野さんじゃなくて他のメンバーが見たいなんて思っている人だっているかもしれないわけで。逆にそればっかりになったら、俺みたいな単推しは「なんだつまんね」と思うけど。

要するに、肝心なのは、手を変え品を変えと工夫することで、広いそうに受け入れられてもらえるかどうかが、早ければ明後日には50回を迎える下野さんのじゃんけんに求められていることなんじゃないかと俺は考えています。

昨日も書きましたが、俺は、続けてくれるだけでもうれしいです。でも、こういう考えは、おそらく、48000人のフォロワーの中でも少数派だと思います。参加率0.4%のじゃんけんに今求められているのは、じゃんけんを通して、下野さん自身が殻を破る姿だったりするのかなあとも思います。

ひとことで言ってしまえば
試される自己プロデュース力
であって、それが上手いように転がるようになれば
HKTに毎晩じゃんけんしてる子がいるんだって。なんか面白そうだな。
と、興味を持ってくれる人は、きっと今以上にどんどん増えていくんじゃないのかなあと俺は
勝手に夢を見ています

そう、ここに書いた話はあくまで、俺や、意見をくれた人たちの勝手な願いであって、それを押し付ける気なんてサラサラないから、こんなブログで書き残しているのです。意味のない作業。ほんとそれな。

あくまで、あのじゃんけんの主人公は下野由貴さんその人自身。だから、あのじゃんけんを今までどおり続けていくのかも、そもそも何か問題はないのかと見つめなおすのも、そこで手を打つのも、下野さんが勝手にやることであって、ヲタが発信して、握手会やらぐぐたすのコメント欄やらファンレターでわざわざ伝えるべき内容ではないと思うんです。

だってさ、ぶっちゃけ、何を目指してじゃんけんしてるのかすら俺らにはわかんねーもん(笑)。

だから、俺は、結局、祈ることしかできません。
自分で気づけ!!
あ、いや、必ずしも、こうして述べていることが正論だとは思わないけど、参加人数がそんなに多くないことだけは、自覚していて欲しいなあと本気で願っています。気づいているなら。
そこで何を考えるか?

厳しいことを書いてしまうけど、他のメンバーは、なんとなくそれに気づいて変わってきてると思うんだよね。比べたくないけど。「じゃあ勝手に推し変でもなんでもすれば」ってそういう問題じゃないから。じゃんけんが毎日楽しみだからこそ、下野由貴ってアイドルが好きだからこそ、俺は、こう考えていますという備忘。

The post Re:「下野さんじゃんけん」についての問題提起 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.