羽田空港国際線ターミナルで下野由貴を想う

20131211-021459.jpg

羽田空港のベンチなう。ベンチから見上げた天井の写真とか誰得だよw

寝る気満々なんだけど眠れない。

その理由は見知らぬお姉さんのせいだ。ハッキリ言って美人。このお姉さんと懇ろになれるなら、福岡行きの飛行機なんかに乗らずに、お姉さんに乗りたry

ただ、このお姉さん、只者じゃない。俺は四人掛けのベンチに寝転がっているわけだが、図解するとこうだ。

頭体足
■■■■

お姉さんは向かい合わせの椅子に座っているんだが、これが困るのだ。

■■■■

頭体足
■■■■

なんか、美人に寝顔を見られるとかおっさん恥ずかしくて死ねるというのと、俺がふとお姉さんのほうを見ると。

おパンティがですな、こんにちは!

こんな如何わしい状況で寝ろというのも無理だから、寝返り打つふりをして、パンチラ見放題を楽しんでます。

これもなにもかも、俺が下野さんを推してなければ、こんな美人のパンチラは拝めなかったわけで!

下野由貴バンザイ!!

いや、でも、そういうことだと思うの。

今日、羽田にくる前に、秋葉原で、下野さんを通して知り合ったヲタ友と楽しくお酒を飲んだ。明日も、福岡の下野さん推しと晩ご飯を食べる予定。そして、週末は、「しなもん会(オフ会)」。

なんだこれ。くっそ楽しい。

そう、下野さんを応援するというのはもはや生活の一部というか、応援することを通じて、こんな楽しみも味わえるんだよね。

下野さんは俺らがこんなことで楽しんでいるなんて知らないだろうし、こんな楽しみ方をさせようとアイドルとして振舞っているわけではないだろうから、結局は俺らが、勝手に見つけている小さな幸せにすぎないんだろうけど。

でも、この小さな幸せを生んでいるのは、公演で輝きを放ち、バラエティ番組で尺を取ろうと必死になり、ぐぐたすで毎日じゃんけんを続ける下野由貴さん、その人だ。下野さんがいなければ、俺らファン同士は、点と線でつながることもないのだ。

だから…と帰着させるには、突拍子もない結論かも知れないけど、下野さんにはもっともっと自信を持って欲しい。下野さんはアイドルとして、多くの人に、幸せをいっぱい与えてくれているんだ。

なんてことをお姉さんの純白パンティを拝みながら思ったという、なんとも場違いな備忘。

The post 羽田空港国際線ターミナルで下野由貴を想う appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.