夢から覚めた現実

路線バスに乗っていた。
進行方向に向かって右側の二人がけの席。
俺は窓側に座っていた。
となりには下野さん。

緊張して黙りこくっていた。
前の席にいる若田部さんがこっちを向いて下野さんと話しはじめた。

なんで俺はいつも好きな子の前ではうまく話せないんだろう。そんな自分に腹が立った。

若ちゃんがスマホを操作しはじめた。
俺はそのスキに、思い切って下野さん手を握った。

怒られるかなあと思ったけど、下野さんは表情ひとつ変えずに黙ったまま、赤いチェックのマフラーを、繋いだ手を隠すように覆った。

スマホの操作を終えた若ちゃんがこっちを向いたけど、別に何事もなかったように下野さんと若田部さんがずっと話しはじめて、俺はずっと話を聞いていた。

左手に下野さんのぬくもりを感じながら…。

——–夢ここまで——–

目が覚めた。

左手が夢の続きかのように暖かいことに気づく。何かを握っていた。

何を握っているのか確かめた。

当然

愚息のトニーニョorz

なんだか残念な朝を迎えていたら、下野さんがぐぐたすで朝投稿。

下野由貴 2013/12/27 9:13:58

おはよー\(^^)/
昨日、めっちゃ大きい飴玉なめたから。
、、、あごが筋肉痛になりました←
(以下省略)

【業務連絡】今日から愚息の名前はあめ玉です。

The post 夢から覚めた現実 appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.