次回予告:年末だから暴露大会(12月28日 博多レジェンド公演視聴メモ)

ちょっとまた余計なことを書いてみる(笑)。

自己紹介MCで下野さんが語っていた「裏方業務が増えてきた」件。

メンバーから写真を撮るのをお願いされる機会が多くて、特に村重さんに至っては、50枚も撮らせたり、下野さんがご飯を食べてる時ですら、写真を撮るのをお願いしてくるそうで。だから来年はもう少し優しくしてほしい…。

まあ、下野さんがそう思っているなら、そう思っているで、俺がとやかく言うことではないんだけど、俺は、もったいないなあと素直に思いました。

どうせなら、この状況を利用すればいいのに

少なくとも、写真を撮りまくるという行為を繰り返していれば、写真を撮るスキルがあがるわけだし、当然、そうなれば、自撮りにもフィードバックできる面も多いだろうし(構図や表情の作り方etc)、ある意味、それってチャンスなんじゃないのかなあと思うんです。

もう一歩踏み込めば、こういうことだってやっていいんじゃないのかな。本当は自分が撮った写真を、メンバーがアップロードしたら、コメント欄で「これ私が撮った!」とかコメしまくるとかね(笑)。

やったことをやったと宣言することは何も悪いことじゃないと思うんです。
だって、やったんだから。

まあ、下野さんがそういうアピールを苦手とするのか、好まないかは知りませんが、これって、26日の天国MCにも言えることだと思うんです。

いつも天国MCのお題を考えているのは下野さんだという事実より、村重さんが非協力的だという事実のほうが強調されていたように感じます。もちろん、話として面白い構成だと思います。ああ言う話し方が、あの状況では最善でしょうね。

でも、公演を見ている人たち(DMMを含む)の心には、下野さんが天国野郎のMCのお題を主体的に考えているという事実は、そんなに残っていないんじゃないかなあ。少なくとも、俺が目にする範囲では、この件、一切、話題になっていません。

せっかくがんばっているのにもったいない

これって、畳み掛けるように言ってしまえば、じゃんけんと同じなんですよ。せっかくがんばっているのに、なんか報われていない感。参加者がどうも伸び悩んでしまっている現状そのものがこれ。

なんでこうなるんだろう?たまーに本気で悔しくなります。
自分のことでもないのに悔しくなるとか、結局、「俺こんなにしなもんを想ってる」なんていう自分に酔ってるだけなんだろうけど、いや、実際酔ってるってことでいいですよ。そんな前提条件なんかどうでもいい。悔しいもんは悔しいんすよ。

あまり、この話を続けてしまうと、暴露話の2つや3つを投下しないと収集がつかなかったりもするんですが、それは明日のネタとして残しておきましょう。

たまにはドSモード発動(笑)

あ、いちおう、言っておきますが、暴露話っつっても、4月に起きたヲタ同士の抗争の議事録です。
(登場人物:S原さん、S原さん推し×2、俺)
メンバーあまり関係ないんですけど、どうしても、この話は、年内に書いておきたい!!
忘れたいけど、忘れちゃいけないすげー悔しい話。

Don’t miss it.

っていうしかない状況を作っておいてなんだけど、できればむしろ見逃してください(呆)。

The post 次回予告:年末だから暴露大会(12月28日 博多レジェンド公演視聴メモ) appeared first on 下野由貴応援ブログ 各駅停車 下野行き.